プレーンだけど特別。アメリカが誇る名門ブランドの別注シューズを“洋品店”で

プレーンだけど特別。アメリカが誇る名門ブランドの別注シューズを“洋品店”で

2020.01.29 07:00

オールデン(ALDEN)
別注・コラボレーション

『アダム エ ロペ』のコンセプトショップとして東京・恵比寿に誕生した『ワイルド ライフ テーラー』。“大人たちが通う洋品店”のスタイルを提案する店内には、アメリカを代表する老舗のアイテムをはじめ、今をときめくドメスティックブランドや、オリジナルのスーツラインも展開している。2010年の創業から10周年となるアニバーサリーイヤーの今年は、数多のエクスクルーシブアイテムをリリース予定。その第1弾として発売されたのが、創業当初からの定番として扱っている『オールデン』に依頼した、別注モデルだ。

『ワイルド ライフ テーラー』が初めて別注をかけたモデルの復刻として、プレーントゥシューズとレースアップブーツの2種を展開。アッパーを贅沢に一枚革でしつらえたクリッパー仕様やボルドーカラーのコードバンなど、『オールデン』の大定番「990」でお馴染みの要素が詰まった逸品に仕上がっている。それでいて別注ならではのアップデートされたポイントも見逃せない。天然ゴムを使用したクッション性に優れるプランテーションソールを採用することで快適な履き心地を実現し、ミリタリーラストの丸みのあるフォルムは、カジュアルシーンにも対応可能な汎用性の高さを備えている。細部にまでこだわり抜いたこのモデルこそ、読者諸兄にとって最良の相棒になることは言うまでもあるまい。

Text_Yasuyuki Ouchi

DATA

ジュンカスタマーセンター

0120-298-133

READ MORE合わせて読みたい
一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

アメリカントラッドにおいて不可欠な存在であり、米国の靴文化を象徴する靴ブランド『オールデン』。カーフやスエードも気になるが、まずはコードバンを手に入れたい。

NAKAYAMA

オールデンの革靴。カーフ、スエードで買い増ししたい10足を厳選

オールデンの革靴。カーフ、スエードで買い増ししたい10足を厳選

『オールデン』は、1887年にアメリカで誕生した名門レザーシューズブランド。男ならば誰もが憧れるであろう極上の“逸足”、その魅力からおすすめまでを紹介します。

コマツ ショウゴ

一度履けば、クセになる。オールデンのローファーが愛され続ける理由とは

一度履けば、クセになる。オールデンのローファーが愛され続ける理由とは

米国製高級紳士靴の代表といっても過言ではない『オールデン』。なかでもローファーはアメトラに欠かせない1足です。創業から100年以上愛される秘密を解説します。

那珂川廣太

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    スニーカーもいいですが、男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

    近間 恭子

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    財布ブランド30選。大人に似合う名品を4つの視点でピックアップ

    日々持ち歩き、長く使い続けるからこそ妥協したくない財布。大人にふさわしい名品を、職人気質なブランドから海外の人気ブランドまで、4つの視点でセレクトしました。

    近間 恭子

    一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

    一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

    アメリカントラッドにおいて不可欠な存在であり、米国の靴文化を象徴する靴ブランド『オールデン』。カーフやスエードも気になるが、まずはコードバンを手に入れたい。

    NAKAYAMA

    一度履けば、クセになる。オールデンのローファーが愛され続ける理由とは

    一度履けば、クセになる。オールデンのローファーが愛され続ける理由とは

    米国製高級紳士靴の代表といっても過言ではない『オールデン』。なかでもローファーはアメトラに欠かせない1足です。創業から100年以上愛される秘密を解説します。

    那珂川廣太

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

    どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

    TASCLAP編集部

    BACK