どっちがお好み? メタルな“三つ目”とカラフルな“三つ目”

SHARE
記事をお気に入り
2020.02.09 07:00

耐衝撃性の高い樹脂ケースを使用しているイメージが強い『Gショック』ですが、実はメタル素材を採用したモデルも近年人気を博しています。2018年には『Gショック』の原点ともいえる「5000系」から、2019年にはブランドの代名詞的存在である「5600系」からメタルバージョンのモデルが登場し話題となりました。そして2020年、通称“三つ目”として知られる名品「6900系」で、当シリーズでは初となるメタルベゼル採用モデルが発表されたのです。

どっちがお好み? メタルな“三つ目”とカラフルな“三つ目” 2枚目の画像

「GM-6900G-9JF」26,000円(税抜)

お気に入り追加

どっちがお好み? メタルな“三つ目”とカラフルな“三つ目” 3枚目の画像

「GM-6900-1JF」23,000円(税抜)

お気に入り追加

どっちがお好み? メタルな“三つ目”とカラフルな“三つ目” 4枚目の画像

「GM-6900B-4JF」26,000円(税抜)

お気に入り追加

1995年に登場した初代モデル「DW-6900-1 V」をベースとする「6900系」。3つの丸型インジケーターを配したデザインから“三つ目”の愛称で親しまれ、過去にはさまざまなファッションブランドとのコラボレーションモデルもリリースされています。

今回発表の「GM-6900」では、シリーズの特徴である凹凸の多いベゼル部分をメタル素材にアレンジ。約20もの鍛造工程、数回の切削、繰り返しの研磨を施すことで、複雑な形状を忠実に再現しています。また、ツヤのあるミラー仕上げとマットなヘアライン仕上げの組み合わせが、メタルの質感を最大限に引き出しているのもポイント。もちろん、『Gショック』ならではのタフネスさや武骨なカラーリングも健在です。

どっちがお好み? メタルな“三つ目”とカラフルな“三つ目” 5枚目の画像

「DW-6900SP-1JR」14,000円(税抜)

お気に入り追加

どっちがお好み? メタルな“三つ目”とカラフルな“三つ目” 6枚目の画像

「DW-6900SP-7JR」14,000円(税抜)

お気に入り追加

また、「6900系」の発売25周年を記念した「DW-6900SP」も同時にリリースされます。特徴的なのは、角度によって見え方が変化するグラデーション仕様のフェイスや、異なる3色で彩られたインジケーターを採用したカラフルなデザイン。デジタル表示部分にあしらわれた25周年を表すモノグラムと相まって、アニバーサリーイヤーの特別感を演出しています。

気になる発売日は、両モデルともに2月14日のバレンタインデー。翌月のお返しは高くつくでしょうが、せっかくのスペシャルウォッチですし、パートナーにおねだりしてみては?

Text_Tetsu Takasuka

DATA

カシオ計算機 お客様相談室

03-5334-4869

https://g-shock.jp/

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

腕時計・ウォッチ

Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

進化を遂げた新作で常にシーンに驚きと楽しさを提供してくれる『Gショック』。その姿勢にブレがないことは、今季の最新トピックスや推しの1本からもきっと伝わるはず。

菊地 亮

2020.08.04

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

腕時計・ウォッチ

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

2019.07.05

レンジマンとは何モノか。Gショック屈指のタフな名機ならではの魅力に迫る

腕時計・ウォッチ

レンジマンとは何モノか。Gショック屈指のタフな名機ならではの魅力に迫る

天候不順に昼夜の寒暖差など、我々を取り巻く環境は厳しさを増している。そんな時代だからこそ『Gショック』の名作「レンジマン」のタフネスが頼もしく、勇ましく映る。

菊地 亮

2019.06.28

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND