60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

2020.02.12 07:00

ドクターマーチン(Dr.Martens)
アベイシングエイプ(A BATHING APE)
ブーツ
ワークブーツ

英国の老舗シューメーカー『ドクターマーチン』の記念すべきファーストモデル、「1460 8ホールブーツ」。はじめて生産ラインに乗った1960年4月1日にちなむコードネームがつけられたワークブーツは、ときにサブカルチャーのアイコンとして、または時代を象徴するファッションアイテムとして、類稀なる歴史をつないできた。そして誕生60周年を迎える今年、新たな伝説の幕開けに「THE 1460 REMASTERED」プロジェクトが始動。毎月人気ブランドと手を結び、12か月連続でアイコンを鮮やかに蘇らせていく。

初陣を飾るのは、日本ストリートファッション界の雄、『ア ベイシング エイプ』とのコラボレーションモデルだ。“エイプヘッド”と呼ばれる猿のマークを落とし込んだカモ柄を纏い、サイドにはブランドオリジナルの星印“ベイプスタ”を配置。他にも、ヒールループ部分には“エイプヘッド”タグを付け加えるなど、心にくいギミックで攻め立てる。以前から両者の協業は行われてきたが、これほどアイコニックなアイテムは見当たらない。特別な名作の特別な年を祝う、特別なコラボレーション。出足からこれほどまでの完成度を見せつけられては、これから発表される第2弾以降の展開からも、ますます目が離せなくなりそうだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン

03-6746-4860

http://jp.drmartens.com/

READ MORE合わせて読みたい
名作を攻略! ドクターマーチンのモデル別コーデ集

名作を攻略! ドクターマーチンのモデル別コーデ集

英国のワーカーやパンクスたちに愛され、日本でも人気の『ドクターマーチン』。アーカイブに並ぶ様々な名作をひも解きながら、それぞれの最適なコーデ術を探りたい。

菊地 亮

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

深澤 正太郎

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    アウトドアシューズをタウンユースしよう。高機能かつおしゃれな厳選12足

    シューズは機能性や履き心地も大切な要素。とくればアウトドア由来のスペックを備えた1足を活用するのが好手です。街履きに適したグッドルッキングなおすすめ品をご紹介!

    平 格彦

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    洗濯のプロに聞くスニーカーの洗い方

    洗濯のプロに聞くスニーカーの洗い方

    トレンドコーデを作るのに欠かせない存在であるスニーカーですが、汚れたままでは大人のカジュアルスタイルにはふさわしくありません。そのメンテナンス方法を早速伝授!

    CANADA

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    ツーブロック難民へ。スタイル別ツーブロック40選

    メンズヘア定番のツーブロックのなかでも、おすすめの髪型を一挙公開。「ツーブロックとは」という基本やオーダー方法、スタイリング剤に関する参考記事もご紹介します。

    深澤 正太郎

    BACK