60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

2020.02.12 07:00

ドクターマーチン(Dr.Martens)
アベイシングエイプ(A BATHING APE)
ブーツ
ワークブーツ

英国の老舗シューメーカー『ドクターマーチン』の記念すべきファーストモデル、「1460 8ホールブーツ」。はじめて生産ラインに乗った1960年4月1日にちなむコードネームがつけられたワークブーツは、ときにサブカルチャーのアイコンとして、または時代を象徴するファッションアイテムとして、類稀なる歴史をつないできた。そして誕生60周年を迎える今年、新たな伝説の幕開けに「THE 1460 REMASTERED」プロジェクトが始動。毎月人気ブランドと手を結び、12か月連続でアイコンを鮮やかに蘇らせていく。

初陣を飾るのは、日本ストリートファッション界の雄、『ア ベイシング エイプ』とのコラボレーションモデルだ。“エイプヘッド”と呼ばれる猿のマークを落とし込んだカモ柄を纏い、サイドにはブランドオリジナルの星印“ベイプスタ”を配置。他にも、ヒールループ部分には“エイプヘッド”タグを付け加えるなど、心にくいギミックで攻め立てる。以前から両者の協業は行われてきたが、これほどアイコニックなアイテムは見当たらない。特別な名作の特別な年を祝う、特別なコラボレーション。出足からこれほどまでの完成度を見せつけられては、これから発表される第2弾以降の展開からも、ますます目が離せなくなりそうだ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン

03-6746-4860

http://jp.drmartens.com/

READ MORE合わせて読みたい
名作を攻略! ドクターマーチンのモデル別コーデ集

名作を攻略! ドクターマーチンのモデル別コーデ集

英国のワーカーやパンクスたちに愛され、日本でも人気の『ドクターマーチン』。アーカイブに並ぶ様々な名作をひも解きながら、それぞれの最適なコーデ術を探りたい。

菊地 亮

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

深澤 正太郎

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    ガラスレザーでぽってりしたプレーントゥのアッパーに、クッション性に優れたフラットソールを採用したポストマンシューズ。

    那珂川廣太

    60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

    60周年はコラボで再構築。名作ブーツに潜む猿の軍団

    英国の老舗シューメーカー『ドクターマーチン』の記念すべきファーストモデル、「1460 8ホールブーツ」。はじめて生産ラインに乗った1960年4月1日にちなむコードネームが…

    増山 直樹

    ゴアテックス採用シューズ15選。タイプ別天候不問靴をレコメンド

    ゴアテックス採用シューズ15選。タイプ別天候不問靴をレコメンド

    その日の天候に一喜一憂せずに済むゴアテックスシューズは、日常を快適に過ごすうえでお役立ち。しかも、最近はバラエティが充実していてあらゆるシーンにマッチします!

    山崎 サトシ

    男なら知っておきたい。レッド・ウィングの人気ブーツ5モデル

    男なら知っておきたい。レッド・ウィングの人気ブーツ5モデル

    タフな見た目と履き込むほど経年変化が楽しめる魅力の『レッド・ウィング』。多くのファッショニスタを魅了するブランドの歴史や人気モデルについてご紹介します。

    八木 悠太

    ギア感もあって、品もある。そんなトレランシューズこそ春のタウンユースにふさわしい

    ギア感もあって、品もある。そんなトレランシューズこそ春のタウンユースにふさわしい

    季節の変わり目、衣替えのタイミング。服が替わると、自然と足元のスニーカーも新調したくなるものだ。どうせなら周囲とは異なる1足を選びたいところだが、大人が選ぶべ…

    平 格彦

    BACK