あの伝説モデルが復活。アップデートを遂げた腕時計界の革命児

あの伝説モデルが復活。アップデートを遂げた腕時計界の革命児

2020.04.24 15:00

ハミルトン(HAMILTON)
腕時計
限定品・レアアイテム

世間は総じて自粛ムード。それでも無性にテンションが上がってしまうのは、ある“伝説”のモデルが蘇ったからだ。独特のルックスと機構から当時、未来への強烈な憧れとチャレンジスピリッツを刺激してくれた「ハミルトン パルサー」シリーズ。アメリカを代表するウォッチメーカー『ハミルトン』が生んだ大傑作である。

超新星爆発後に残る中性子星から名前をとった腕時計は、1970年の5月6日にベールを脱いだ。今から約50年前、当時の価格はクルマ1台分に匹敵する2,100USドルだったにもかかわらず、多くのセレブリティがこぞって買い求めたという。スペーシーかつエレガントなクッション型の18Kイエローゴールドケースに赤いデジタル表示が踊る、世界初のLED式デジタルウォッチ「ハミルトン パルサー P1」。400本限定のレアモデルを手にした幸運な顧客のリストには、あのエルヴィス・プレスリー氏も名を連ねた。

翌年には一般的販売もスタートし、後継機「ハミルトン パルサー P2」がリリースされる。ケースはステンレススチール製に変わって形も丸みを帯びたが、特有の未来感は継承。一方でチップモジュールは改良されるなど、中身のアップデートを果たした。今作は商業的に大成功を収め、キース・リチャーズ氏やエルトン・ジョン氏、さらには当時のアメリカ大統領ジェラルド・フォード氏も愛用。クォーツショックに直面する腕時計界にあって、最先端のデザインで希望を見出したのだ。

そして半世紀の時を経て、2020年。このたび発表された誕生50周年記念の復刻版「ハミルトン PSR」は、「ハミルトン パルサー P2」をデザインベースとする。アイコニックなクッションケースは、サイズも当時と同一。一方で風防はルビーからサファイアクリスタルへと変わり、時刻表示も大きく進化した。液晶ディスプレイと有機ELテクノロジーを組み合わせたハイブリッドディスプレイを採用し、常時点灯とボタン操作によるLED発光を実現。バックライトを使わないことで、エネルギー消費量の抑制にも成功している。

カラーはシルバーとのゴールド2色をご用意。後者のイエローゴールドPVD加工がされたモデルは1970本限定のため、争奪戦は必至だろう。なお、4月下旬より『ハミルトン』オンラインストアと『ビームス』にて先行予約を開始し、5月から全国販売が行われる予定。その頃までに、世の中が気軽に街へと出かけられる状況になっていることを祈りたい。

Text_Naoki Masuyama

DATA

ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン

03-6254-7371

https://www.hamiltonwatch.com/ja-jp/psr

READ MORE合わせて読みたい
ハミルトンの名機15選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

ハミルトンの名機15選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

アメリカ経済の発展期に創業した『ハミルトン』は、鉄道時計や軍用時計の開発で信頼性を高めた。現在はスイスを拠点に、高コスパかつ高品質な腕時計を手がけている。

ワダ ソウシ

ミリタリーウォッチの系譜。ハミルトンのカーキ、魅力とおすすめを徹底解説

ミリタリーウォッチの系譜。ハミルトンのカーキ、魅力とおすすめを徹底解説

アメリカの名門ウォッチメーカー『ハミルトン』。同ブランドの入門機として人気が高いのが、「カーキ」です。特徴を踏まえつつ、大人の腕にふさわしい10本をご紹介します。

Hiroshi Watanabe

腕元で薫るエレガンス。ハミルトンのジャズマスターを徹底解剖

腕元で薫るエレガンス。ハミルトンのジャズマスターを徹底解剖

数ある『ハミルトン』のシリーズの中でも、ドレッシーなルックスからビジネスマンからの支持も厚いジャズマスター。特に注目すべきモデルを、ピックアップしました。

Hiroshi Watanabe

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    メンズが腕時計を選ぶなら、機能かルックスかブランド力か。知っておきたい5つの基準

    腕時計は実用品であると同時に、着用者の人物像やセンスを反映する装飾品。ここでは機能と見た目、そしてブランドなど、さまざまな面から腕時計の選び方を解説します。

    夏目 文寛

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けないモノ作り。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用時計においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と珠玉のブランドを語り尽くします。

    牟田神 佑介

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

    ビジネスの場においては腕時計も立派な武器。機能的な意味での実用性はもちろん、デザインやブランドで主張を忍ばせることも肝要だ。背中を預けるに足る、15本をピック。

    TASCLAP編集部

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    グランドセイコーを買う前に。国産時計最高峰のすべてを知っておく

    世界でもっとも知られている国産高級時計ブランドが『グランドセイコー』。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた『グランドセイコー』の魅力をたっぷりご紹介します。

    夏目 文寛

    BACK