2019年、『リーバイス』と『ビームス』のコラボレーションによって展開された「インサイド・アウトコレクション」。セルビッジが表になるように生地を裏返したり、“BIG E”のレッドタブが逆さまになっていたり、攻めに攻めた試みが注目されました。そしてこのたび、コラボの第2弾として「ハーフ・アンド・ハーフ コレクション」と題されたカプセルコレクションがお披露目。前回に引き続きキャッチーで挑戦的なアイテムたちは、大きな話題を呼ぶこと間違いありません。

今回の「ハーフ・アンド・ハーフ コレクション」は、その名の通り“半分ずつ”のデザインが特徴的。デニムジャケットは、労働者の非公式な制服として愛用されたファーストモデルと、Gジャンの代名詞的存在であるサードモデルを左右で大胆にドッキングさせた、ツウがうなる仕上がりに。デニムパンツは、クラシックな1937年モデルと90年代を代表する93年製モデルという年代の異なる「501」を縫い合わせた、前代未聞のデザインとなっています。また、左右でウォッシュ加工に変化をつけた生地感や、表裏でカラーを切り替えたタブなど、細部に見られる“半分”にも注目です。

デニムアイテムと同時に、両社のコーポレートカラーを融合させたスペシャルロゴをあしらったTシャツも展開。これらのアイテムは、『ビームス』公式オンラインショップ、そして『リーバイス』直営の2店舗で展開中。アメリカを代表するデニムメーカーと日本を代表するセレクトショップのコラボレーションに、グッとくる人も多いはず。まずは気軽にチェックしてみましょう。

出典:ビームス

Text_Tetsu Takasuka

DATA

リーバイ・ストラウス ジャパン

0120-099-501

https://www.levi.jp/

READ MORE合わせて読みたい
リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

ジーンズの源流たる『リーバイス』501。定番にして今なお進化するこのマスターピースを、当記事にて徹底解説。その歴史から現行シリーズまで網羅してお伝えします!

山崎 サトシ

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

ジーンズの新たな定番。リーバイス511が大人の着こなしにハマる

120年以上もの歴史を誇るジーンズブランド『リーバイス』。同ブランドといえば501が最も有名だが、今回はモダンなシルエットで注目を集める511を紹介。

大中 志摩

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨の日が楽しくなる。ザ・ノース・フェイスのレインウェアおすすめ18選

    雨なら濡れて当然? 蒸れて当然? いやいや、『ザ・ノース・フェイス』のレインウェアなら濡れも蒸れもバッチリ防げます。アイテム選びのポイントからおすすめ品まで解説!

    平 格彦

    夏の短パン15傑。大人っぽく見せるコーデのノウハウとタイプ別おすすめ

    夏の短パン15傑。大人っぽく見せるコーデのノウハウとタイプ別おすすめ

    夏に欠かせない短パンだが、コーデ次第では子供っぽく見えてしまう危険性も。そこで、大人らしく着こなすためのヒントを交えつつ、テイスト別に推薦したい逸品をご紹介。

    菊地 亮

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド34選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスの中で、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    視界くっきり。偏光サングラスを掛けるべき理由と今おすすめの10本

    日差しが強い季節に限らず、使うと便利な偏光サングラス。視界がクリアになるので、ぜひ活用してみましょう。レンズの構造や特徴、おすすめ品まで徹底解説します!

    平 格彦

    大人ストリートの定番。オークリーのフロッグスキンを買うならこの8本

    大人ストリートの定番。オークリーのフロッグスキンを買うならこの8本

    サングラスの大定番モデルとして愛され続ける『オークリー』のフロッグスキン。その魅力を深掘りしつつ、今すぐ買えるモデルやスタイル実例もフォローしてお届けします。

    山崎 サトシ

    BACK