進化するビジネスパーソンによく似合う。アテッサのアクトラインに新顔登場

SHARE
記事をお気に入り
2020.06.05 15:00

テレワークが推進され、仕事における“自分らしさ”の幅が拡大。ビジネスシーンの装いがさらに自由度を増すのも当然で、そのうちクールビズは死語になるかもしれない。よりスマートに、アクティブに。今回紹介する『アテッサ』のアクトラインシリーズは、まさにそんな時代を捉えた腕時計だ。“仕事”ができそうな落ち着いた外見に少々のヒネリを添え、中身は高機能で信頼性十分。なかでも注目したいのが、来たる7月にリリースを控える限定版のニューフェイスである。

進化するビジネスパーソンによく似合う。アテッサのアクトラインに新顔登場 2枚目の画像

「CB0215-77E」100,000円(税抜)※2020年7月発売予定

ブラックとピンクゴールドのコンビネーションが、上品な“クラス感”を演出。ただし、それらは単なる“色”にあらず。ブラックは「ブラックチタン」、ピンクゴールドは「デュラテクトピンク」という特殊な技術を使い、実用面で大きな貢献を果たしている。軽くて丈夫ながら、本来は傷がつきやすく扱いの難しい純チタン。その特徴を知り尽くす『シチズン』だからこそ実現した「スーパーチタニウム」を土台とし、美しくもタフな1本を生み出したのだ。そんなハイテク素材で作られたケース&ブレスレットのほか、メリハリのあるバーインデックスや、ベゼルに配置されたワールドタイムの都市表記が力強さをプラス。ブランドお得意の「光発電エコ・ドライブ」も備え、隙のないハイスペックぶりを見せつける。

進化するビジネスパーソンによく似合う。アテッサのアクトラインに新顔登場 3枚目の画像

「CB0210-54A」75,000円(税抜)※2020年6月発売予定

進化するビジネスパーソンによく似合う。アテッサのアクトラインに新顔登場 4枚目の画像

「CB210-54L」75,000円(税抜)※2020年6月発売予定

進化するビジネスパーソンによく似合う。アテッサのアクトラインに新顔登場 5枚目の画像

「CB0215-51E」100,000円(税抜)※2020年7月発売予定

光発電エコ・ドライブに加え、日中米欧の電波受信機能、ワールドタイム機能、パーペチュアルカレンダーなどを備えた「CaLH145」は極めて優秀なキャリバーだが、同じ“頭脳”を載せた別モデルも登場。それら3モデルはケースカラーこそモノトーンだが、すべてスーパーチタニウムを採用する点でも限定版と相違ない。世界中どこにいても、軽快にアクティブに働く。進化するビジネスパーソンには、やはり進化するビジネスウォッチがふさわしい。

Text_Naoki Masuyama

DATA

シチズンお客様時計相談室

0120-78-4807

https://citizen.jp/attesa/special/index.html

READ MORE合わせて読みたい
実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

腕時計・ウォッチ

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

牟田神 佑介

2019.11.25

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

腕時計・ウォッチ

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

2018年、「シチズン」は創業100周年を迎えた。GPSなどの先進技術を生み出す一方、近年は海外ブランドの買収や機械式の生産にも力を入れて多角的かつ精力的な活動が続く。

ワダ ソウシ

2018.12.09

ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

腕時計・ウォッチ

ビジネスマンにおすすめしたい。実用性で選ぶブランド腕時計15選

ビジネスの場においては腕時計も立派な武器。機能的な意味での実用性はもちろん、デザインやブランドで主張を忍ばせることも肝要だ。背中を預けるに足る、15本をピック。

TASCLAP編集部

2020.05.25

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND