地球環境負荷を減らすモノづくり。デサントの“Re”な2シリーズ

SHARE
記事をお気に入り
2020.06.25 15:00

飲食店で提供されるプラスチックストローや、スーパー・コンビニでの買い物時に渡されるビニール袋。無駄に使い捨てられてきた資源を見直し、地球環境や社会全体におけるサステナビリティ(持続可能性)を考慮した取り組みが注目されている。これらは飲食に限った話ではなく、流通やファッションなど多種多様な業界で活発化しており、スポーツウェア業界で常に先端を走ってきた『デサント』もまた同様に、サステナビリティを基軸に据えた新たなブランド『リ:デサント』を始動した。

地球環境負荷を減らすモノづくり。デサントの“Re”な2シリーズ 2枚目の画像

お気に入り追加

その根底にあるのは“3R”というキーワード。ゴミそのものを削減するReduce(リデュース)、何回もくり返し使うReuse(リユース)、資源として再利用するRecycle(リサイクル)という、環境保全やサステナビリティ推進に不可欠な3つのRを、モノづくりに生かすという取り組みを通じて、人々がスポーツを続けられる世の中づくりへの貢献を目指すという。さて、どんな商品が並ぶのか気になるところ。ファーストコレクションでは、リデュースの観点から生まれた『リ:デサント シード』と、リサイクルの観点から生まれた『リ:デサント バース』という、2つのシリーズが展開される。

地球環境負荷を減らすモノづくり。デサントの“Re”な2シリーズ 3枚目の画像

お気に入り追加

地球環境負荷を減らすモノづくり。デサントの“Re”な2シリーズ 4枚目の画像

お気に入り追加

地球環境負荷を減らすモノづくり。デサントの“Re”な2シリーズ 5枚目の画像

お気に入り追加

『リ:デサント シード』では、環境配慮と快適性の両立を表現。例えば微生物の働きで分解される“生分解性”を備えた天然の機能素材を採用し、ボタンや衣服用接着剤などにもそのこだわりを徹底している。メインファブリックは、和紙を主原料に開発されたカミト+。製造工程における環境負担も少なく、柔らかな色合いと気持ち良い肌ざわり、さらに消臭性も見どころだ。ベストやシェルジャケット、フーディ、ショーツなど、その機能性を生かしたラインアップが揃う。

地球環境負荷を減らすモノづくり。デサントの“Re”な2シリーズ 6枚目の画像

お気に入り追加

地球環境負荷を減らすモノづくり。デサントの“Re”な2シリーズ 7枚目の画像

お気に入り追加

『リ:デサント バース』では、本来ならば廃棄される使用済みの衣料品や、その生産過程で発生する裁断クズや残反を原料にしたレニュー素材を使用。“服から服へ”という新たな生産システムづくりを目指す。こちらは型紙やリサイクルマークをデザインに落とし込んだTシャツを中心に、よりナチュラル色の強いアイテムが楽しめる模様。両シリーズとも、すでに『デサント』オンラインストアでの先行販売がスタートしており、6月26日(金)から「デサント ブラン」全店にて販売開始される。地球環境について考え、現在を未来へとつなげるサステナビリティの必要性を、その身をもって“Re”解するには、またとない機会に違いない。

Text_Tommy

DATA

デサント ブラン 代官山

03-6416-5989

東京都渋谷区猿楽町19-4

https://re.descente.com/

READ MORE合わせて読みたい
デサントポーズとは? 人気セットアップとおすすめのアイテム10選

ウェア・コーデ

デサントポーズとは? 人気セットアップとおすすめのアイテム10選

スポーティなウェアが休日着の急先鋒となって久しい昨今。一翼を担っているのは紛れもなく『デサントポーズ』。セットアップをはじめ人気作目白押しのブランドの魅力とは。

菊地 亮

2020.02.07

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル

ウェア・コーデ

水沢ダウンの人気を支える定番&最新モデル

ダウンの弱点を克服し、ダウンそのものの定義を一新させた水沢ダウン。当記事では「水沢ダウンとは?」というそもそも論や魅力を、代表モデルの紹介とともに掘り下げます。

深澤 正太郎

2020.09.28

ルコックスポルティフのスニーカーが面白い。おすすめモデルはこの10足

スニーカー・シューズ

ルコックスポルティフのスニーカーが面白い。おすすめモデルはこの10足

今注目したい『ルコック スポルティフ』のスニーカー。今っぽいレトロなムードをベースにしつつ、モダンな要素を巧妙に取り入れた絶妙なバランス感で人気を集めています。

TASCLAP編集部

2020.10.05

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND