アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに

SHARE
記事をお気に入り
2020.09.11 07:00

世の中の自粛ムードを受けて、なかなか実行に移すことが難しかった夏のアウトドアアクティビティ。だが、例年以上に暑く短い夏が終わりつつある今、野山のフィールドでは外遊びを楽しむ人々で盛り上がりを見せている。そんな中、秋冬シーズンのアウトドアシーンで重宝するコラボアイテム発売のニュースが到着した。まさにグッドタイミング! というわけで早速ご紹介。

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 2枚目の画像

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 3枚目の画像

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 4枚目の画像

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 5枚目の画像

お気に入り追加

コラボアイテムのキーマン的存在となるのが、明治44年の創業以来プロユースのワークウェアを供給し続け、日本最大のツナギメーカーとしても知られる「山田辰」。本コラボレーションでは、同社が手がけるブランド『オートバイ』と、新潟三条市から高品質なアウトドアアイテムを発信する『スノーピーク』、背伸びをしない“ちょうど良い”大人のファッションを提案するセレクトショップ『ジャーナル スタンダード レリューム』という実力派三者ががっちりとスクラムを組んでいる。各々の持ち味をまさに焚き火の薪のように巧みに組み上げて完成したラインアップは、以下の通り。

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 6枚目の画像

「タキビデニム ツナギ」39,800円(税抜)

お気に入り追加

まず紹介するのは、本コラボの象徴的アイテムであるツナギ。素材には、耐久性と難燃性を兼ね備えた『スノーピーク』オリジナルの“タキビデニム”を採用しており、火の粉を気にせず安全に焚き火を満喫可能だ。リラックス感のあるシルエットで、動きやすさも申し分ない。それでいて黒一色のモダンな仕上がりなので、アウトドアのみならず日常使いにもマッチする。また、ユニセックス仕様かつキッズサイズの展開もあるので、ファミリー全員でお揃いを楽しむことも可能だ。

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 7枚目の画像

「タキビデニム キャップ」7,800円(税抜)

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 8枚目の画像

「クラシックロゴ ロングスリーブT」6,800円(税抜)

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 9枚目の画像

「クラシックロゴ スウェットクルー」8,800円(税抜)

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 10枚目の画像

「タイヤロゴ ロングスリーブT」6,800円(税抜)

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 11枚目の画像

「AB×SPロゴ スウェットクルー」8,800円(税抜)

お気に入り追加

アウトドアを楽しむ秋にしよう。スノーピーク×オートバイ×レリュームのコラボとともに 12枚目の画像

「オートバイ印 スウェットクルー」8,800円(税抜)

お気に入り追加

その他にも、ツナギと同素材を使用したキャップ、今回の企画のためにグラフィックを描き起こしたプリントスウェット&Tシャツもご用意。ストリートテイストの洒脱なデザインが、キャンプフィールドに良く映えるだろう。また現在、写真家・松木宏祐氏が撮りおろした当ラインアップのビジュアルがベイクルーズストア特設ページで公開中。販売スタートの9月16日(水)まではそちらをチェックしてほしい。“いかにしてこの秋のアウトドアを楽しむか”をじっくり考えつつ、お待ちあれ。

Text_TOMMY

DATA

ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店

03-6438-0401

東京都渋谷区神宮前 4-26-18

https://baycrews.jp/feature/detail/1879

※9月16日(水)より随時販売開始

スノーピーク

0120-010-660

https://www.snowpeak.co.jp/

READ MORE合わせて読みたい
キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

ウェア・コーデ

キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

人気が続くアウトドアブランド『スノーピーク』。実用性にすぐれたアイデア豊かなギアが代名詞ですが、おしゃれなアパレルも充実しています。

桐田 政隆

2019.02.05

キャンプの服装ってどうすればいい? コーデの考え方と着こなし正解集

ウェア・コーデ

キャンプの服装ってどうすればいい? コーデの考え方と着こなし正解集

春・夏・秋はキャンプが気軽に楽しめるシーズン。どうせ行くなら、服装もチューニングして存分に楽しみましょう。季節別に、揃えるべきアイテムと着こなし術を解説します。

平 格彦

2020.06.16

ソロキャンプを始めるなら。まず揃えたい道具一式とその選び方

アウトドア・キャンプグッズ

ソロキャンプを始めるなら。まず揃えたい道具一式とその選び方

自然の中で1人でテントを張り一夜を過ごすソロキャンプ。今、ちょっとしたブームになっています。ソロキャンプの魅力と、始めるために必要な道具を紹介していきます。

和田 義弥

2021.02.05

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事