メタルに進化。モダンカラーに復刻。AW-500の人気再燃は想像に難くない

SHARE
記事をお気に入り
2020.10.19 07:00

小さなケースの中に数多のパーツがひしめき合うアナログ時計。その奇跡にロマンを感じずにはいられないが、半面、衝撃に対して過敏に反応してしまうこともあるだろう。その不安を打破したのは、“針が絶対落ちないアナログウォッチ”とのコンセプトのもと1989年に発表された『Gショック』のAW-500である。今や不動の人気作として君臨する同作がまたさらなる進化を遂げ、さらにはオリジンを忠実に再現したモデルまで登場するという。

メタルに進化。モダンカラーに復刻。AW-500の人気再燃は想像に難くない 2枚目の画像

「AWM-500D-1A8JF」66,000円

お気に入り追加

メタルに進化。モダンカラーに復刻。AW-500の人気再燃は想像に難くない 3枚目の画像

「AWM-500D-1AJF」66,000円

お気に入り追加

メタルに進化。モダンカラーに復刻。AW-500の人気再燃は想像に難くない 4枚目の画像

「AWM-500GD-9AJF」74,800円

お気に入り追加

AW-500は、『Gショック』初のアナログとデジタルのコンビモデルである。その軸となる部分はしっかり継承しつつ、本作ではメタル素材を全身に纏った。屈強さに磨きがかかり、実に洗練された佇まいである。ケースとベゼルの間には、2018年に発表したGMW-B5000Dでも採用された緩衝材を取り入れ、ケースとバンドをつなぐ駒に丸みを持たせることでAW-500特有のしなやかなフォルムを再現。質感も、ヘアラインやミラー仕上げなど各パーツによって表面加工を使い分けるというこだわりようだ。

メタルに進化。モダンカラーに復刻。AW-500の人気再燃は想像に難くない 5枚目の画像

「AW-500E-1EJF(オリジナル)」、「AW-500BB-1EJF(ブラック)」、「AW-500BB-4EJF(レッド)」各14,300円

お気に入り追加

そしてもう1つの目玉が当時描かれたオリジンの図面をもとに再現したこちら。黒の樹脂製ケースに白のインデックス&分針、そして赤の時針と、当時の記憶を呼び覚ますその姿は、オールドファンにはたまらないだろう。加えて、オール黒、オール赤というなんともモダンなモデルもお目見えする。目的や嗜好性によって選びやすい多士済々のラインアップ。『Gショック』愛好家ならずとも手に入れておきたい話題作の登場によって、AW-500人気が再燃するのは間違いなさそうだ。

Text_Ryo Kikuchi

DATA

カシオ計算機

03-5334-4869

https://g-shock.jp

READ MORE合わせて読みたい
Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

腕時計・ウォッチ

Gショックの新作ガイド。2020年最新のトピックスとおすすめモデル

進化を遂げた新作で常にシーンに驚きと楽しさを提供してくれる『Gショック』。その姿勢にブレがないことは、今季の最新トピックスや推しの1本からもきっと伝わるはず。

菊地 亮

2020.08.04

レンジマンとは何モノか。Gショック屈指のタフな名機ならではの魅力に迫る

腕時計・ウォッチ

レンジマンとは何モノか。Gショック屈指のタフな名機ならではの魅力に迫る

天候不順に昼夜の寒暖差など、我々を取り巻く環境は厳しさを増している。そんな時代だからこそ『Gショック』の名作「レンジマン」のタフネスが頼もしく、勇ましく映る。

菊地 亮

2019.06.28

Gショックの名機・フロッグマン。押さえるべき魅力と購入できるラインアップ

腕時計・ウォッチ

Gショックの名機・フロッグマン。押さえるべき魅力と購入できるラインアップ

新デザインが続々と登場する『Gショック』だが、フロッグマンに関しては別。時を超越し熱烈に愛される名機の魅力と、現在購入可能なラインアップを紹介しよう。

菊地 亮

2019.06.05

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND