コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる

コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる

SHARE
記事をお気に入り
2021.01.21 07:00

いつの時代も、アクティブな男たちに愛され続けてきた『Gショック』。特に我々にとって絶対的な定番といえるのが、1994年公開の映画『スピード』でキアヌ・リーブスが着用したことから、「スピードモデル」の愛称で親しまれている5600系シリーズでしょう。1stモデルの流れを受け継ぐ伝統的なスクエアデザインと時代の最新鋭機能を両立させた同シリーズは、誕生から30年以上経つ今も衰えない人気を誇っています。そんな不動のマスターピースに今季、注目のコラボレート作「DWE-5600KS-7JR」が仲間入り。インラインモデルとは一線を画す大胆な風貌で、感度高めな大人の物欲をくすぐります。

コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる 2枚目の画像

「DWE-5600KS-7JR」25,000円(税抜)※3月5日(金)発売開始

お気に入り追加

コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる 3枚目の画像

お気に入り追加

コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる 4枚目の画像

お気に入り追加

コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる 5枚目の画像

お気に入り追加

コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる 6枚目の画像

お気に入り追加

今回ご紹介する「DWE-5600KS-7JR」は、世界的クリエイティブディレクターとして数多くの有名企業のロゴや空間デザインに携わってきた佐藤可士和氏とのジョイントワーク。2月3日(水)から始まる「佐藤可士和展」の開催を記念して製作された、エクスクルーシブな逸品です。デザインモチーフとなるのは、同氏が2017年より手掛ける代表的なアートワークシリーズ「LINES」。ビビッドな赤の文字盤に青と白の直線を組み合わせ、独創的な雰囲気を描き出しています。ベースモデルには、バンドとベゼルの付け替えに対応した5600系の最新型「DWE-5600」を採用。スケルトン樹脂素材のクリア・オレンジ・グリーンのベルト&ベゼルを自由に組み合わせることで、何と27通りものデザインが楽しめるのです。気分や装いに応じてアレンジできるため、着けこなしも自由自在。バックライト点灯時にイニシャルの“K”が浮かぶ、他モデルでは見られないレアな演出にもそそられます。

コラボ相手はあの佐藤可士和氏。鮮烈なる“5600系”が大人に刺さる 7枚目の画像

お気に入り追加

このプレミアムなコラボモデルでは、時計本体と同じく「LINES」がモチーフとなったオリジナルパッケージも用意。とことんスペシャル感を追求したアイテムですから、ギフトとしても喜ばれること請け合いです。また、腕元に映える個性的デザインが持ち味の「DWE-5600KS-7JR」ですが、もちろん『Gショック』だけあってスペック面も大充実。屈強なショックレジスト(耐衝撃)構造や20気圧防水を筆頭に、実用本位なファンクションが快適な日常をアシストしてくれます。特別なデザインと安定の機能性が融合し、5600系ファンならずとも食指が動くこと確実なこの「DWE-5600KS-7JR」は、3月5日(金)より販売開始。リリースよりも一足早く「佐藤可士和展」が開催されますので、先にそちらで同氏の世界観を体感しておくのも良いかもしれませんね。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

カシオ計算機 お客様相談室

03-5334-4869

https://g-shock.jp/

READ MORE合わせて読みたい
Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

腕時計・ウォッチ

Gショックといえば5600系。充実のラインアップを公開

人気の高いカシオのGショックですが、5600系はとくに愛されているモデルのひとつ。バリエーション豊富な同モデルのラインアップのなかでも、おすすめを厳選しました。

平 格彦

2019.07.05

Gショックの電波ソーラーモデルを探すなら。押さえたいおすすめと注意事項

腕時計・ウォッチ

Gショックの電波ソーラーモデルを探すなら。押さえたいおすすめと注意事項

自動的に時刻のズレを修正し、太陽光などを動力源に変える電波ソーラー機能。その長所などに触れながら、『Gショック』の搭載機からおすすめモデルをご紹介しよう。

菊地 亮

2021.01.16

今買えるGショックのコラボモデル。買い増しするなら、この10本から

腕時計・ウォッチ

今買えるGショックのコラボモデル。買い増しするなら、この10本から

『Gショック』がもう1本欲しいと考えている人におすすめしたいのがコラボモデル。スタイリッシュで個性的な盛りだくさんで、こだわりを存分に主張できます。

髙須賀 哲

2020.10.31

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

手回り品にこだわりを。新時代のビジネスライフをおしゃれに楽しむ4つのおすすめグッズ

働き方が劇的に変化した現代社会。だからこそ、ビジネス小物も時流に合わせたアップデートが必要です。今のビジネスマンが手にすべき逸品を、ここに集めました。

SPONSORED by オロビアンコ

続きを読む

頼りにしたいダイバーズ。セイコー プロスペックスを、人気スタイリストはどう見るのか

国産時計の雄『セイコー プロスペックス』。今回は計器としての信頼性に加え、高い評価を得ている“ファッション性”について、2名の人気スタイリストに話を伺います。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

バッグと共存するという発想。マスターピースが提案する、まったく新しい服の話

『マスターピース』が満を持して発表した新作は、バッグではなくウェア!? 専業ブランドだからこその気づきを形にした、バッグライフをサポートするための服とは。

SPONSORED by マスターピース

続きを読む

今の時代にマッチするフレキシブルな1着。7DAYSコートを着回せ、着倒せ!

日によっては肌寒さが残る春先。しかも働き方やライフスタイルの変化も著しい今、重宝するのはあらゆる意味で万能なアウター。『ナノ・ユニバース』の新作はその理想型だ。

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

CATEGORY

RECOMMEND