老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる

SHARE
記事をお気に入り
2021.01.30 10:00

激変する時代の波に飲み込まれない普遍性と、自らの個性。その両立は確かに困難だが、これからの新しい生活ではそれが一層重要視されるようにも思う。そんな命題への1つの模範解答が、『シチズン』から発表される新ライン「レコードレーベル」だ。“レコード“が意味するのは、過去の名作たちを示すブランドの”記録“と、自室で”レコード“鑑賞にふけるような自分だけの時間。オリジナルモデル発表当時の時代背景をにじませるレトロテイストが、身に着ける人にとっての個性と愛着へとつながっていく。そんな願いが込められた「レコードレーベル」は、腕時計専門店の「オンタイム」、「ムーヴ」および、一部のオンラインストアにて2月18日(木)から順次取り扱いが開始される。

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる 2枚目の画像

「シチズン シーセブン」25,000~27,000円(税抜)

お気に入り追加

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる 3枚目の画像

「エコ・ドライブ プロト」各25,000円(税抜)

お気に入り追加

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる 4枚目の画像

「アナデジテンプ」24,000~26,000円(税抜)

お気に入り追加

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる 5枚目の画像

「アナデジテンプ」各27,000円(税抜)

お気に入り追加

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる 6枚目の画像

「スタンダードスタイル+」17,000~25,000円(税抜)

お気に入り追加

老舗ブランドとしての確かな歩みを代弁する全21種のラインアップは、大きく5つに分類。国産初のクリスタルガラスを使った1965年登場のモデル「クリスタルセブン」にインスパイアされた「シチズン シーセブン」、光発電エコ・ドライブのプロトタイプとして1974年にリリースされたデザインを蘇らせた「エコ・ドライブ プロト」、1980年代に爆発的ヒットを記録したアナデジウォッチをモチーフとする「アナデジテンプ」2型など、いずれも高い完成度を誇示する。

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる 7枚目の画像

お気に入り追加

老舗が魅せる温故知新。シチズンのレコードレーベルが復刻ファンに刺さる 8枚目の画像

お気に入り追加

そのすべてに折りたたみ式の限定のウォッチケースが付属するが、こちらは時計の持ち運びにはもちろん、ディスプレイとしても使えるデザインが魅力。使う・飾るの両面で、時計のあるライフスタイルをサポートしてくれるだろう。また、新ラインのデビュー記念として、人気イラストレーター松本セイジ氏が描き下ろした布用転写シールと、オリジナルデザインのトレイを店頭購入者全員にプレゼント。またとない機会、逃す手はない。

Text_Naoki Masuyama

DATA

シチズンお客様時計相談室

0120-78-4807

https://citizen.jp/collection/record_label.html

READ MORE合わせて読みたい
腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

腕時計・ウォッチ

腕時計の技術革新を担う、シチズンの実力と人気モデルをおさらい

2018年、「シチズン」は創業100周年を迎えた。GPSなどの先進技術を生み出す一方、近年は海外ブランドの買収や機械式の生産にも力を入れて多角的かつ精力的な活動が続く。

ワダ ソウシ

2018.12.09

ザ・シチズンは真に人に寄り添う腕時計。その価値を知る

腕時計・ウォッチ

ザ・シチズンは真に人に寄り添う腕時計。その価値を知る

高精度なモノ作りで世界的評価を受けるシチズン。そんな日本の誇る時計メーカーが、最高の技術を結集して作り上げるフラッグシップモデル『ザ・シチズン』に迫ります。

夏目 文寛

2020.03.06

“自由”を表現する腕時計。インディペンデントで知っておきたいこと

腕時計・ウォッチ

“自由”を表現する腕時計。インディペンデントで知っておきたいこと

世界に名高い『シチズン』をバックボーンとし、革新的なデザインで腕時計の常識を打ち破る。そんな『インディペンデント』の魅力を、特徴的なモデルとともに解説します。

増山 直樹

2019.07.04

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

こだわりある男の最後のピース。ビズスタイルはハミルトンで個性を魅せる

コロナ禍においては、多方面で禁欲的になりがちです。そこに一石を投じるのが、老舗腕時計ブランド『ハミルトン』。個性のある新作群が、これからのビズに花を添えます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

男の自信を呼び起こす1本に出会う。初めての本格時計、その条件とは?

初めて高級腕時計を手にする喜びと緊張感は、かけがえのない経験です。その瞬間をより濃密にする向き合い方を、名門老舗ブランドの腕時計を軸にレクチャーしていきます。

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事