ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション

SHARE
記事をお気に入り
2021.03.10 20:00

冬から春へ。季節の移り変わりとともに、着こなしも変化していく。外出する機会が減っているとはいえ、外に出ることはままあるし、装いも春へとアップデートする必要がある。そして、季節が変わるときは今までと違ったアイテムを試すチャンスの時期でもある。おうち時間など、屋内にいることにスポットが当たっているからこそ、外出時はいつもの着こなしよりもスマートさが一段上がるアイテムを試してみたい。

今なら、『+J』から発表された21年春夏の新作たちに注目してみてはいかがだろう。伝説的デザイナー、ジル・サンダー氏とユニクロが織りなすデザインとクオリティは、一度着てみるときっと手放せなくなるはずだ。

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 2枚目の画像

お気に入り追加

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 3枚目の画像

お気に入り追加

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 4枚目の画像

お気に入り追加

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 5枚目の画像

お気に入り追加

『+J』は、2009年にユニクロとファッションデザイナーのジル・サンダー氏によりスタート。高品質なアイテム群は多くのファンを魅了したが、惜しくも2011年に終了していた。2020年に復活を果たした『+J』には、品質やデザイン性がさらにアップしながらどんな人にでも普段使いしやすい洗練された品々が並ぶ。今回の春夏コレクションもジル・サンダー氏のデザインエッセンスと、ユニクロが培ってきた高品質なアイテムを安く、という2つのエスプリが見て取れる。

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 6枚目の画像

お気に入り追加

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 7枚目の画像

お気に入り追加

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 8枚目の画像

お気に入り追加

ジル・サンダー氏の息吹を感じる、進化した+Jの21年春夏コレクション 9枚目の画像

お気に入り追加

春夏コレクションの最大の特徴は、細部まで気を配った立体的なテーラリング。Aラインを基調としながら動きやすさも考慮されていて、ライフスタイルに寄り添った実用性と汎用性を兼ね備えている。また、上質な質感と光沢を放つ厳選された天然素材を使用することで抜け感もプラスし、着るだけでシンプルながら洒落感漂う装いが完成する仕上がりに。ジャケットからパーカー、パンツまでオン・オフ問わず活躍してくれるに違いない。

DATA

ユニクロ

0120-170-296

https://www.uniqlo.com/plusj

READ MORE合わせて読みたい
大人コーデにフル活用。ユニクロとGUのマウンテンパーカー、着こなしサンプル集

ウェア・コーデ

大人コーデにフル活用。ユニクロとGUのマウンテンパーカー、着こなしサンプル集

マウンテンパーカーと聞くと専業ブランドの高スペックなモノを思い起こすかもしれませんが、街着としては『ユニクロ』や『GU(ジーユー)』が優秀。着回しやすさ抜群です!

平 格彦

2021.02.15

手軽におしゃれ。スポーツウェアもユニクロ&GUがやっぱり使える

ウェア・コーデ

手軽におしゃれ。スポーツウェアもユニクロ&GUがやっぱり使える

必要十分な機能、抜群のコスパ、使いやすいデザインを兼備する『ユニクロ』と『GU(ジーユー)』のスポーツウェア。コーデ例を参考にして、おしゃれに体を動かしましょう!

平 格彦

2020.12.18

春コーデ決定版! 大人が春服を着こなすための10のポイント【2021年】

ウェア・コーデ

春コーデ決定版! 大人が春服を着こなすための10のポイント【2021年】

大人にふさわしい最新春ファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

2021.02.16

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

初夏の主役トップスが税込1,650円。大人のお眼鏡に適うTシャツを、クロスコットンで見つけた

まもなく、Tシャツが主役となる季節に。戦力として欲しいのは、本格志向だけどガシガシと気軽に普段使いできる1枚です。その最適解が『クロスコットン』にありました。

SPONSORED by 丸久

続きを読む

きちんと収まる、がどれだけ大事か。“ブレない”男になれる、BN3THのアンダーウェア

シンプルなようで奥が深いアンダーウェアの世界。立体設計のフロント内部ポケットを持つ『BN3TH(ベニス)』は、“ポジション”に悩むすべての男性必見のブランドです。

SPONSORED by BN3TH(ベニス)

続きを読む

Tシャツに羽織るべきは、都会派ミリタリーアウターだ。タトラスが示す春コーデの方程式

男らしい存在感が持ち味のミリタリーアウターは、薄着になっていく今の時期に必携。あくまでスマートに着こなすなら、骨太さの中に洗練を宿す都会派な1着を選びましょう。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

人気スタイリスト3名が本気で考えた。今、大人が着るならこんなセットアップが良い

シーンを選ばない汎用性や、インナーと靴を決めるだけでまとまる手軽さが魅力のセットアップ。今選ぶべき1着はどういったものなのか? 実力派スタイリストが伝授します。

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

引き算の美学を知る。新作ドレスウォッチで強固になった、カルレイモンの“軸”

高級時計の代名詞、ムーンフェイズを若者でも手の届く価格で世に送り出す『カルレイモン』。よりドレス感を強めた話題の新作「クラシックシンプリシティ2」に注目です。

SPONSORED by カルレイモン

続きを読む

その実用性に、また頼りたい。マンハッタンポーテージの“現在”を知っているか

90年代のシーンを席巻した、『マンハッタンポーテージ』。現在、同ブランドのバッグは現代のニーズに合わせて進化を遂げています。再び頼りたい逸品群をお披露目!

SPONSORED by マンハッタンポーテージ

続きを読む

今春のクォーツに求めるのは、ラグスポかエレビジか。ティソの二大新定番からその答えを探る

新しい季節を、新しい相棒と。そんな方へのフレッシュな腕時計が、老舗『ティソ』にありました。抜群の信頼性と利便性を両立した、2本のクォーツウォッチに迫ります。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事