心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい

SHARE
記事をお気に入り
2021.05.27 07:00

半袖が主役の季節は、腕元の印象が少し寂しくもなる季節。それは仕事服でさえ例外ではなく、昨今はリモートワークの浸透によりカジュアル化に拍車がかかり、ポロシャツ姿やシャツイチ姿でオフィスへ向かうことも少なくなくなってきています。カジュアル服ならアクセサリーの併用で解消可能ですが、仕事服ではそうもいかないでしょう。そんな折に活躍してくれるのが、落ち着いた上質さを物語る腕時計。厳選した1本を身に着け、ビジネスと向き合うのにふさわしいバランスを保ちたいところです。そんなことを意識し始めた絶好のタイミングにお目見えしたのが、『セイコー プレザージュ』の新シリーズ「Style60’s(スタイルシックスティーズ)」です。

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 2枚目の画像

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 3枚目の画像

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 4枚目の画像

お気に入り追加

読んで字のごとく、これは『セイコー』の1960年代のヴィンテージスタイルを再現した機械式時計。全6モデルがラインアップされていますが、いずれも1964年に発売された「クラウン クロノグラフ」という国産初のクロノグラフがデザインのベースになっています。これらは見切りが広く、視認性の高いダイヤルをはじめとする当時としては革新的な意匠を満載していたアーカイブの意匠を再現したもの。加えて、インデックスのサークル状エンボス加工で視認性をさらに向上し、現代的な印象もプラスしています。ヴィンテージテイストを感じさせつつも、レトロに傾きすぎないその絶妙なアップデート感は、今年140周年となる老舗メーカーならではの仕事。カジュアル度の高い今どきの仕事服にも違和感なく馴染み、それでいて抜群の落ち着きをもたらしてくれます。

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 5枚目の画像

「SARY193」60,500円(税込)

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 6枚目の画像

「SARY195」60,500円(税込)

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 7枚目の画像

「SARY197」55,000円(税込)

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 8枚目の画像

「SARY189」66,000円(税込)

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 9枚目の画像

「SARY191」66,000円(税込)

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 10枚目の画像

「SARY192」66,000円(税込)

お気に入り追加

ラインアップされた6型は、シンプルな3針タイプと開口部からムーブメントの一部を鑑賞できるセミスケルトンタイプの2種類に分かれており、双方に3色ずつのカラーバリエーションを用意。前者の3針タイプはムーブメントに自動巻きキャリバー 4R35を採用し、カレンダー機能で実用性も加味。多くのモデルで採用されている実績のある機構です。後者のセミスケルトンタイプはキャリバー4R39を搭載し、9時位置のスケルトン窓を持つオープンハート仕様になっています。いずれも『セイコー』の伝統が息づく意匠と信頼のムーブメントを備えた本格派の機械式時計を、税込5万円台から身に着けられるお値頃設定です。

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 11枚目の画像

※1964年発表の「クラウン クロノグラフ」

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 12枚目の画像

お気に入り追加

心許ない夏の腕元は、リアルヴィンテージ感満点の機械式時計に頼りたい 13枚目の画像

お気に入り追加

気になるディテール上の見どころは、オリジナルモデルと比べてみるとより鮮明に浮かび上がります。上のシルバーインデックスのモデルが、デザインのベースとなった「クラウン クロノグラフ」。1960年代の主流となったボックス型の風防をいち早く採用し、ソリッドなドーフィン針も当時のスタイルを感じさせる意匠となっています。これに対し、新シリーズ「Style60’s(スタイルシックスティーズ)」はこうしたディテールを生かしつつも、丸みを帯びたケースを内側に向かって少し傾斜させ、手首に着けた際により快適な装着感を得られるように設計。かん足には鏡面仕上げを施した面を追加し、現代的かつ洗練された印象も加味されています。ちなみに、ダイヤルの配色に関しては、アイボリーがオリジナルの「クラウン クロノグラフ」に近い佇まいですが、グリーンも1960年代に流行したアースカラーを再現したものなのだとか。また、『セイコー プレザージュ』として初めて採用されたというナイロンストラップも精悍かつスポーティな魅力を放っており、汗ばむ季節に爽やかな素材感となっています。いずれもこれからの季節に欲しかった要素を満たしたタイムピースゆえ、大船に乗ったつもりで腕元を任せられそうです。

Text_Takumi Endo

DATA

セイコーウオッチ(株) お客様相談室

0120-061-012

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/presage/special/style60s/

READ MORE合わせて読みたい
日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計・ウォッチ

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのがセイコーというメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

2018.04.26

セイコーのプレザージュは、日本の美意識を集約した腕時計の傑作だ

腕時計・ウォッチ

セイコーのプレザージュは、日本の美意識を集約した腕時計の傑作だ

日進月歩の腕時計界だが、日本製機械式時計の躍進は目覚ましい。その例の1つが「セイコー」の『プレザージュ』。大人を魅了する理由と、人気のラインアップを紹介する。

菊地 亮

2021.01.19

新生セイコー5スポーツが示す、機械式時計のニュースタンダード

腕時計・ウォッチ

新生セイコー5スポーツが示す、機械式時計のニュースタンダード

紆余曲折を経て、昨年に復活を遂げた名機『セイコー5スポーツ』。日本が誇る古きよき機械式時計のアップデートは、多様化する現代の新たなるスタンダードを提示します。

増山 直樹

2020.01.04

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

2021年のダイバーズは“色挿し”が鍵。ティソの名作シースターを、この夏どう着けこなす?

シンプルな夏スタイルと好相性なダイバーズウォッチ。同ジャンルをより効果的に着こなしに取り入れたいなら、今年はこんな “色挿し”はいかがでしょうか?

SPONSORED by スウォッチ グループ ジャパン

続きを読む

セラミックスのツヤに見惚れる。今考え得る、国産クォーツウォッチの最高峰

『グランドセイコー』から登場するセイコー140周年の記念モデルは、高機能なクォーツGMT。ブランドの未来を指し示す、最上クラスの国産クォーツウォッチが誕生です。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

高級腕時計ファンに捧ぐ。Apple Watchをハイエンドに導く、ただ1つの方法

機能的なApple Watchに惹かれつつも、見た目のガジェット感の強さから敬遠しがち……。そんな悩める高級腕時計好愛好家に、ハイエンド化の奥の手をお届けしましょう。

SPONSORED by プリンチペプリヴェ

続きを読む

夏を快適に乗り切るために。“暑さ・汗・臭い”に打ち勝つTシャツを手に入れよ!

暑さ、汗、臭い。これからの時期、男たちにとって乗り越えるべき障害は少なくない。だからこそ『ナノ・ユニバース』の三本の矢ならぬ3種のTシャツが何かと心強い!

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

青と白の共演。セイコー140周年記念限定モデルは、未来を示す光となるか

140年にわたる『セイコー』の歴史を祝し、続々と限定モデルがリリースされている今年。第2弾より、白と青をテーマにした爽やかなカラーリングの5モデルをご紹介します。

SPONSORED by セイコーウオッチ株式会社

続きを読む

“本物”を求める大人たちへ。今必要なのは、歴史に裏打ちされたダイバーズの名品だ

夏を目前に控え、今年も高まりつつあるダイバーズウォッチ熱。いい大人がどんな1本を選ぶべきかに焦点を当て、最適かつ最良のモデルを割り出していきます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP

カテゴリ

おすすめ記事