名優との邂逅。ロンジンと本木雅弘氏が表現するエレガンスの現在形とは

名優との邂逅。ロンジンと本木雅弘氏が表現するエレガンスの現在形とは

SHARE
記事をお気に入り
2021.10.15 15:00

スイスの時計文化に偉大な足跡を残す『ロンジン』。1832年、スイス・サンティミエで創業した同社は、“伝統、エレガンス、パフォーマンス”というコンセプトのもと、数々の優れた時計を生み出してきた。世界的なスポーツイベントで使用される公式計時を手がけるほか、国際スポーツ連盟のパートナーを長年にわたって務めるなど、その歴史は輝かしい実績で彩られている。この秋、そんな『ロンジン』と日本が誇る名優が邂逅を果たした。国内外で数々の賞を受賞してきた本木雅弘氏が、新たなブランドアンバサダーに就任したのだ。

出典:ロンジン

両者をつなぐキーワードはエレガンス。『ロンジン』の重要なコンセプトであるエレガンスと、本木氏の40年に及ぶキャリアの中で紡がれてきた成熟したエレガンスが共鳴し、特別な映像作品『ELEGANCE IS AN ATTITUDE』が生まれた。『ロンジン』の公式Webサイトで公開されているこの映像では、光と影が交差する空間を舞台に、『ロンジン』のタイムピースを腕に巻いた本木雅弘氏の姿が幻想的に描がれている。相手を想うやさしさを持ちながらも、自身が信じるものに誇りを持ち、一途で、ときには頑なであること。映像にはそんな両者が信じるエレガンスのかたちが表現されている。なお、映像には同タイミングでブランドアンバサダーに就任したモデルのUTA氏が出演するバージョンも。未来へ向かい挑戦するUTA氏と進化を続ける『ロンジン』の力強いエレガンスが描かれる。

名優との邂逅。ロンジンと本木雅弘氏が表現するエレガンスの現在形とは 2枚目の画像

お気に入り追加

名優との邂逅。ロンジンと本木雅弘氏が表現するエレガンスの現在形とは 3枚目の画像

「L2.673.4.92.0」419,100円(税込)

お気に入り追加

名優との邂逅。ロンジンと本木雅弘氏が表現するエレガンスの現在形とは 4枚目の画像

「L2.909.4.92.6」306,900円(税込)

お気に入り追加

映像の中で本木氏が身に着けるのは、フラッグシップに位置づけられる「ロンジン マスターコレクション」の「L2.673.4.92.0」。ブランドの技術力を象徴する最高峰モデルには、月の満ち欠けを表示するムーンフェイズやクロノグラフなどのコンプリケーション機構を搭載。光の角度によって異なる表情を見せるサンレイ加工の文字盤やブルーの色合いなど、『ロンジン』のエレガンスが凝縮された1本に仕上がっている。一方、UTA氏が映像中で装着しているのは、同じく「ロンジン マスターコレクション」の「L2.909.4.92.6」。この2本のモデルを今買うなら、新たなブランドアンバサダー就任を記念した「ロンジン マスターコレクション ジャパン スペシャル」がおすすめだ。こちらは今回紹介した「L2.673.4.92.0」と「L2.909.4.92.6」、それぞれに黒いレザーストラップが付属する日本限定コレクションだ。11月30日(火)までの期間限定販売となっているので、買い逃しのないよう早めのご検討を。

Text_Ryota Osujo

DATA

スウォッチ グループ ジャパン ロンジン事業本部

03-6254-7350

https://www.longines.com/jp/landing/elegance-is-an-attitude-masahiro-motoki

READ MORE合わせて読みたい
2世紀にも迫る歴史。ロンジンの腕時計には、確かな“伝統”が宿る

腕時計・ウォッチ

2世紀にも迫る歴史。ロンジンの腕時計には、確かな“伝統”が宿る

2017年には創業185年を迎え、ますます老舗としての風格を高める『ロンジン』。数多の賞を獲得し、著名な冒険者たちと積み上げてきた歴史が、プロダクトには宿っている。

牟田神 佑介

2021.02.01

復刻時計をお探しなら。ロンジンのヘリテージシリーズには傑作が揃っている

腕時計・ウォッチ

復刻時計をお探しなら。ロンジンのヘリテージシリーズには傑作が揃っている

昨今、時計界の一大トレンドとなっている復刻時計。そのシーンをけん引してきたスイスの老舗『ロンジン』の「ヘリテージ」シリーズには、今欲しい時計が揃っています。

石井 良

2021.08.05

見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

腕時計・ウォッチ

見た目だけじゃない。ムーンフェイズウォッチを大人が選ぶ理由とは

文字盤上に月の満ち欠けを正確に表示するムーンフェイズウォッチ。そのロマンチックで高級感溢れる同機能の魅力とおすすめモデルをご紹介します。

髙須賀 哲

2020.05.18

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

目の肥えた時計好きはなぜロンジンを選ぶのか。“格”を示すフラッグシップに見る、その理由

約190年に及ぶ歴史を持つ『ロンジン』は、時計界において特別な存在。その旗艦モデルは一生モノの枠を超え、後世に受け継ぐ価値を備えたタイムピースだ。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

ファッションに合わせて時計も“着替える”。スカーゲンのホリデーセットを自分へのご褒美に

今年一年、頑張った自分へのご褒美に。はたまた大切な人へのギフトに。ホリデーシーズンが近づいた今、ぜひ注目してほしい『スカーゲン』のホリデーセットをご紹介します。

SPONSORED by スカーゲン

続きを読む

山スペックが、どれも1万円以下。外遊びがグッと楽しくなるハイコスパな冬アウターを見つけた!

山でも街でも使える本格アウターを狙うとなると、やはりコストが懸念材料。しかし、お馴染み『アウトドアプロダクツ』ならばお手頃&高品質な“買い”の逸品が揃います!

SPONSORED by ジーンズメイト

続きを読む

圧倒的な軽さと薄さを体感せよ。通勤の悩みを解決するレゾンのバックパックにこの冬出会う

「重くてかさばる仕事カバン」はもはや時代にそぐわないもの。超軽量と超薄型を実現した『レゾン』のバックパックが、きっとあなたのビジネスライフに革命を起こします。

SPONSORED by レゾン

続きを読む

レザーに通じたプロ同士が対談。ガンゾに聞く革のお手入れトラブルシューティング

使うほどに味が出るのがレザーの魅力。しかし、そのためには適切な手入れが必要です。革のプロに、正しい革のメンテナンスについて基本から応用まで教えてもらいました。

SPONSORED by ガンゾ

続きを読む

来年も頑張る自分のために、大切なあの人のために。ティソの腕時計を冬のギフトに選びたい3つの理由

贈ってうれしい、もらったらもっとうれしい。そんな心温まるギフトシーズンに推薦したい腕時計ブランド『ティソ』。メンズからレディースまで良作を幅広くご紹介します。

SPONSORED by ティソ

続きを読む

うん、“色”っぽい。カラー使いに惚れる、ポール・スミスの彩りウォッチ

重厚な印象になりがちな冬の装いを洒脱に仕上げたいなら、腕時計で彩りを添えるのが効果的。腕元に洗練をもたらす逸品が『ポール・スミス ウォッチ』には揃っています!

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

重要ポイントは3つ。タトラスと探る、今季的なダウン選びの「傾向と対策」

人気の高まりによって選択肢が豊富になったダウンジャケット。その一方、何をどう選べば良いのかわかりにくいのも事実です。今季“買い”の基準を『タトラス』と探ります!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

自由自在にカスタマイズ。“MY G-SHOCK”で自分好みのオンリーワンを手に入れる

多くの画期的モデルで周囲を驚かせてきた『Gショック』。今度はなんと自分だけの「MY G-SHOCK」が作れるという。早速、業界の最前線で活躍するデザイナーが試してみた。

SPONSORED by カシオ計算機株式会社

続きを読む

その進化、変わらぬ心地良さに安心する。 モデル・ショーゴも惚れ込む西川ダウン

『ナノ・ユニバース』のロングセラーシリーズ『西川ダウン(R)』を、これまで数多く着用してきたモデルのショーゴさん。彼が語るその良さと、今季作の見どころとは?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

業界人も通う恵比寿の名店にフィーチャー。人気スタイリストと考える、今選ぶべきアクセサリー

大人のアクセサリーに求められること。それは旬度とスタイリングへの汎用性、そして確かなブランド力です。例えば、『シンパシーオブソウル』はまさに適任でしょう。

SPONSORED by S.O.S fp

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

新機能

この記事を読んでいる方に
おすすめの記事をご紹介

RECOMMEND
TOP