ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き。技術とクラシックさが同居するエコ・ドライブ ワン

ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き。技術とクラシックさが同居するエコ・ドライブ ワン

2022.01.02 15:00
SHARE
記事をお気に入り

気が付けばもう、年末年始。そんな寒い季節に、ホットニュースが舞い込んできた。発信源は日本を代表するウォッチメーカー『シチズン』。圧倒的技術力で世界を驚かせ続ける名門が、自らの誇る“世界最薄”の時計「シチズン エコ・ドライブ ワン」でまたも新境地を切り拓いたのだ。スモールセコンドを備えた新作が平然とやってのけた神業の真髄は、一見クラシカルなのに実は超最先端という魅惑のギャップ。そこにしびれて憧れる!

ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き。技術とクラシックさが同居するエコ・ドライブ ワン 2枚目の画像

お気に入り追加

ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き。技術とクラシックさが同居するエコ・ドライブ ワン 3枚目の画像

お気に入り追加

と、テンションを上げた新作紹介のその前に。まずは「シチズン エコ・ドライブ ワン」について軽くおさらいしておこう。元祖は2016年生まれのマスターピース。その最重要ポイントは圧巻の心臓部に秘められている。定期的な充電が不要の高性能な「光発電エコ・ドライブムーブメント」を、厚さわずか1.00mmで製作。この数字は現在も世界最薄で、多様なパーツを極小の世界に組み込める技術力は、世界広しといえども他に類を見ない。唯一無二の薄さは見た目だけでなく、着用感にも直結。まるで時計を身に着けていないかのような解放感で、スタイリッシュ&ノンストレスなデイリーライフを約束してくれるのだ。そんな同モデル最大の武器は、もちろん今作においても受け継がれている。

ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き。技術とクラシックさが同居するエコ・ドライブ ワン 4枚目の画像

「AQ5012-14A」352,000円(税込)

お気に入り追加

ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き。技術とクラシックさが同居するエコ・ドライブ ワン 5枚目の画像

「AQ5010-01E」330,000円(税込)

お気に入り追加

ムーブメントの薄さそのまま“スモセコ”付き。技術とクラシックさが同居するエコ・ドライブ ワン 6枚目の画像

「AQ5010-01L(特定店限定モデル)」352,000円(税込)

お気に入り追加

このたびの新作においては、究極のムーブメントサイズに合わせた薄型ケースやダイヤルといった優雅なベースデザインはそのままに6時位置にスモールセコンドを搭載。実用性と同時にクラシカルなムードを高めつつ、1.00mmというムーブメント厚は保持している点はまさしく驚愕である。また今回のラインアップには全3型が顔を並べるが、そのすべてに気品あるワニ革ベルトを採用。なかでも美しい発色のデュラテクトピンクでケースに耐傷加工を施した「AQ5012-14A」には、シリーズ初となる土佐和紙ダイヤルが使われている。使うほどに味わいを増す革の質感、うっすらと文様を帯びた侘び寂びの佇まい。そのどれもが、クラシックデザインにもう一花添えてくれるのだ。なお、独特の深みあるダークブルーダイヤルを纏った「AQ5010-01L」は、店舗・数量ともに限定のアイテム。お求めの方はお早めに。ただしこの時計が持つエレガンスのように、慌てず騒がずが大人の鉄則だ。

Text_Naoki Masuyama

DATA

シチズンお客様時計相談室

0120-78-4807

https://citizen.jp/one/index.html

READ MORE合わせて読みたい
世界を震撼させた薄さ。エコ・ドライブワンが魅せる静かなすごみ

腕時計・ウォッチ

世界を震撼させた薄さ。エコ・ドライブワンが魅せる静かなすごみ

2016年の衝撃デビュー以降進化を重ねる『シチズン』の極薄時計「エコ・ドライブ ワン」。厚さ3mmに満たない世界には、膨大な技術力と途方もないロマンが秘められています。

増山 直樹

2020.04.13

ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

腕時計・ウォッチ

ソーラー電波時計12本を厳選。日本が誇る4メーカーのブランドからレコメンド

多忙なビジネスマンにとって、電池交換の手間もかからず常に正確な時間を表示するソーラー電波時計は心強い味方。信頼度の高い日本のブランドから、名品を厳選しました。

牟田神 佑介

2022.03.18

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

腕時計・ウォッチ

実用腕時計の極地、アテッサ。日本が生んだ高機能ウォッチを識る

腕時計の素材として広く認知されているチタン。それを初めて腕時計に搭載したのはシチズンだった。同メーカーが放つチタン鍛造技術の粋、『アテッサ』を読み解く。

牟田神 佑介

2019.11.25

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP