古くて新しいダイバーズ。セイコーの傑作が“ナイトダイビング”をテーマに蘇る

古くて新しいダイバーズ。セイコーの傑作が“ナイトダイビング”をテーマに蘇る

2022.03.01 15:00
SHARE
記事をお気に入り

日本が世界に誇るウォッチメーカー『セイコー』。数ある傑作の中でも特に高い評価を得ているのが、機能性とデザイン性を高次元で両立したダイバーズウォッチだ。1965年に国産初のメカニカルダイバーズとして生を受けると、1968年には世界最高水準の10振動ハイビートムーブメントを搭載する300m防水ウォッチに進化。4時位置のリューズガードが特徴的な1970年リリースのモデルは、冒険家・植村直己氏の北極圏犬ぞり旅にも採用された。そしてこのたび、それら名器の特徴を受け継いだ新作が発表されたとなれば、たとえ腕時計好きでなくとも黙ってはいられないであろう。

古くて新しいダイバーズ。セイコーの傑作が“ナイトダイビング”をテーマに蘇る 2枚目の画像

「SBDX051」363,000円(税込)

お気に入り追加

古くて新しいダイバーズ。セイコーの傑作が“ナイトダイビング”をテーマに蘇る 3枚目の画像

お気に入り追加

ニューカマーのコンセプトは、ずばり“ナイトダイビング”だ。歴史的なアイコンをモチーフとしながらも、ブラックの硬質コーティングが施されたケースで夜の海の美しい暗闇と静寂を表現。要所に配されたオレンジのあしらいは海中を照らす一筋のライトさながらで、クールなビジュアルにドラマチックなアクセントを添える。

気になるラインアップは、シリーズ初となる5列のメタルブレスレットを備えた「SBDX051」を筆頭に全4型がスタンバイ。なお同機は「1970 メカニカルダイバーズ」をベースに、随所に大幅なアップデートが施されている。風防には内面無反射コーティングを施したカーブサファイアガラスが採用され、『セイコー』の雫石高級時計工房で製造されるダイバーズ専用の機械式ムーブメント「8L35」を搭載。さらには付け替え用のブラックシリコンストラップが付属するなど、まさに内外ともにスペシャルなフラッグシップモデルに仕上がった。

古くて新しいダイバーズ。セイコーの傑作が“ナイトダイビング”をテーマに蘇る 4枚目の画像

「SBDC153」143,000円(税込)

お気に入り追加

古くて新しいダイバーズ。セイコーの傑作が“ナイトダイビング”をテーマに蘇る 5枚目の画像

「SBDC155」143,000円(税込)

お気に入り追加

古くて新しいダイバーズ。セイコーの傑作が“ナイトダイビング”をテーマに蘇る 6枚目の画像

「SBDC157」154,000円(税込)

お気に入り追加

ほか3型のメカニカルダイバーズは「SBDX051」同様のシリコントラップのほか、ファブリックストラップを備えてよりカジュアルな佇まい。ただし単なるファブリックではなく、「製紐(せいちゅう)」と呼ばれる日本の伝統技法で編み込まれたストラップを使う辺りに、『セイコー』らしい高い本気度が伺える。「SBDC153」は1965年の初代モデル、「SBDC155」は1968年、「SBDC157」は1970年発表のアーカイブが元ネタだ。それぞれの懐かしさを匂わせると同時に、あくまでモダンなデザインに。その絶妙なさじ加減にも、『セイコー』が長年かけて培ってきたグッドセンスが垣間見える。

4型すべて3月11日(金)発売で、「SBDX051」は1,000本(国内100本)、ほか3型は5,500本(国内500本)ずつの限定販売となっている。売り切れという暗闇に飲まれないよう、早めのゲットをおすすめしたい。

Text_Naoki Masuyama

DATA

セイコーウオッチ(株)お客様相談室

0120-061-012

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/special/blackseries_limited-2nd/

READ MORE合わせて読みたい
世界に通用する腕時計。セイコーダイバーズが、日本にはある

腕時計・ウォッチ

世界に通用する腕時計。セイコーダイバーズが、日本にはある

ダイビングに必要なスペックを満たしたプロ仕様でありながら、普段使いにもしっくりハマる『セイコー』のダイバーズウォッチ。男心をくすぐる要素を凝縮した本命時計です。

TASCLAP編集部

2021.06.16

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色褪せない

腕時計・ウォッチ

誰が呼んだか、“ツナ缶”。セイコーダイバーズの名作は色褪せない

『セイコー』を象徴するスタイルのひとつに、“ツナ缶”がある。1975年誕生の傑作ダイバーズが採用したこの特異なデザインは、時代を経ても色褪せず、新鮮味に満ちている。

TASCLAP編集部

2020.02.18

セイコープロスペックスはカジュアルウォッチの最適解。主要モデルを完全網羅

腕時計・ウォッチ

セイコープロスペックスはカジュアルウォッチの最適解。主要モデルを完全網羅

質実剛健で頼れる腕時計の筆頭である『セイコー プロスペックス』。しかし、いざ選ぶとなると種類豊富ゆえに悩みがち。最新作を含め、主要モデルを一気にご紹介します!

石井 良

2021.07.10

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP