丸の内で感じるパラブーツの歴史と現在。オープン記念モデルも要チェック

丸の内で感じるパラブーツの歴史と現在。オープン記念モデルも要チェック

2022.03.29 15:00
SHARE
記事をお気に入り

一大ファッションエリアとして盛り上がりを見せている東京・丸の内。有名シューズブランドも軒を連ねるこの界隈に、新たな注目ショップ「パラブーツ 丸の内店」が誕生します。洗練された街並みにふさわしい上質な空間で、大人の定番シューズブランドとなって久しい『パラブーツ』の世界観にどっぷり浸ることができるのです。

丸の内で感じるパラブーツの歴史と現在。オープン記念モデルも要チェック 2枚目の画像

お気に入り追加

4月15日(金)にオープンする丸の内店は国内6店舗目となる直営店で、丸の内というロケーションにマッチする高級感溢れるインテリアが魅力。『パラブーツ』の“歴史”と“現在”を再構築したデザインを基本コンセプトとしており、パリ・サンジェルマン店の革の壁を採用した伝統的で温かみのある雰囲気と、サントノーレ店のホワイトと光を基調にした近代的な雰囲気を融合させたスタイリッシュな空間に仕上がっています。店内に配された家具はすべて国内1号店が開店した2001年に輸入されたもので、『パラブーツ』のグルノーブル本社工場近くの小さな家具工房の職人が製作しました。長きにわたるブランドの歴史を感じられる空間で、贅沢なショッピング体験ができるというわけです。

丸の内で感じるパラブーツの歴史と現在。オープン記念モデルも要チェック 3枚目の画像

「コロー レイド 丸の内店オープン記念モデル」35,200円(税込)

お気に入り追加

オープンに際してチェックしたいのは記念モデルの「コロー レイド」。人気のデッキローファー「コロー」をベースにしたモデルで、ソールをラグソールタイプに変更することでボリュームのある厚底仕様にアレンジしています。また、アッパーにはしなやかなシボ革を使用し、内張りを付けないアンライニングを採用しているため、足入れがソフトで素足で履いても快適。軽やかで清潔感のあるホワイト×ブラックのバイカラーも秀逸です。

ブランドの歴史やこだわりを体現した至高の空間に、春夏のコーデに洗練された印象と品格を与えてくれそうな記念モデル。この春のお出かけコースに、「パラブーツ 丸の内店」を加えておきましょう。

Text_Tetsu Takasuka

DATA

パラブーツ 丸の内店

03-6810-0185

東京都千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア1F

https://paraboot.shop/

READ MORE合わせて読みたい
パラブーツのランス考察。名家ならではのローファーはここが違う

スニーカー・シューズ

パラブーツのランス考察。名家ならではのローファーはここが違う

『パラブーツ』で真っ先に思いつくのはシャンボードかもしれないが、それだけじゃないのが名ブランドたる所以。ローファー型のランスもワードローブに招き入れたい名作だ。

菊地 亮

2022.03.30

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

スニーカー・シューズ

汎用性満点。パラブーツのシャンボードが大人のコーデを後押しする

『パラブーツ』の定番として知られる「シャンボード」。質実剛健なデザインや、革靴ながらスニーカー以上に疲れないとも形容される履き心地の1足を徹底的に分析したい。

牟田神 佑介

2022.03.18

足元で大人を装う。パラブーツのサンダルが夏のキラーアイテムとなる

スニーカー・シューズ

足元で大人を装う。パラブーツのサンダルが夏のキラーアイテムとなる

コーデがラフになりがちな夏だからこそ足元はしっかり引き締めておきたいところ。涼しくて、さらに大人に見える1足として『パラブーツ』のレザーサンダルをご紹介します。

那珂川廣太

2022.06.27

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP