次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは

2022.05.12 15:00
SHARE
記事をお気に入り

1969年、『セイコー』が世界に先駆けて発売したクォーツウォッチ「クォーツ アストロン」。その伝説的な名を受け継ぎ、2012年にこれまた世界初のGPSソーラーウォッチを誕生させたブランドが『セイコー アストロン』です。そしてその誕生から10年の節目を迎える2022年、新たな時代を切り開く注目シリーズ「ネクスター」がリリースされます。

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 2枚目の画像

お気に入り追加

「ネクスター」のデザインコンセプトは“Solidity & Harmonic”。刻々と変化する世界情勢の中、固い信念に裏打ちされた“強さ”を持つこと、同時に多様な価値観を包摂する“調和”を大切にすること。「ネクスター」という名前が示すように次世代のリーダーに向けられたこの最新シリーズは、ニューノーマルの時代に不可欠なこの2つの要素を表現しています。

同シリーズでは、全モデルにおいてソリッドな造形のケースを採用。そこにラグジュアリーなサファイアガラスベゼルを組み合わせることで、威厳や強さを表現しています。その一方、ケースとブレスレットを一体型フォルムとすることで軽やかかつ洗練された印象も両立。軽量で錆びにくいチタン素材の使用や傷つきを防ぐためのコーティングなど、実用面も充実しています。

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 3枚目の画像

「GPS ソーラーモデル SBXC107」286,000円(税込)

お気に入り追加

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 4枚目の画像

「GPS ソーラーモデル SBXC109」286,000円(税込)

お気に入り追加

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 5枚目の画像

「GPS ソーラーモデル SBXC111」286,000円(税込)

お気に入り追加

『セイコー アストロン』といえば思い浮かべる人も多いGPSソーラーモデルですが、もちろん「ネクスター」シリーズでも登場。軽量なチタンケースを使用しているうえ低重心なウェイトバランスで、腕にフィットするのが特徴です。さらに、ショートタイプのコマを採用したブレスレットは腕馴染みが良く、長時間の着用でもストレスフル。暗いところで発光するルミブライトが施された時分針や、風防の光の反射を抑えるスーパークリアコーティングで、優れた視認性も確保しています。力強いだけではなく優美さやしなやかさが同居した、まさに新世代のエリートウォッチと呼べる一本です。

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 6枚目の画像

「ソーラー電波モデル SBXY037」198,000円(税込)

お気に入り追加

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 7枚目の画像

「ソーラー電波モデル SBXY039」198,000円(税込)

お気に入り追加

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 8枚目の画像

「ソーラー電波モデル SBXY041」198,000円(税込)

お気に入り追加

また、標準電波の受信によって時刻修正を行うソーラー電波モデルもラインアップ。ブレスレットはスタンダードな3連で、アクティブさやフレッシュさをアピールするのに最適。立体的でメカニカルなダイヤルにラグジュアリーなガラスベゼルを合わせたバランス感も見事で、「ネクスター」のコンセプトにふさわしいモデルとなっています。

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 9枚目の画像

「2022 限定モデル SBXC113」286,000円(税込)

お気に入り追加

次世代リーダーの相棒に。未来を切り開くアストロンの新シリーズとは 10枚目の画像

「2022 限定モデル SBXY043」198,000円(税込)

お気に入り追加

なお、GPSソーラーとソーラー電波のそれぞれのモデルで、新シリーズの登場を記念した「2022年限定モデル」が用意されており、“グレーサファイア”をテーマカラーにしたよりエレガントでクラス感溢れる仕上がりとなっています。特にダイヤルには、“Solidity”を表現したホリゾンタルストライプがあしらわれ、優美なムードを保ちつつも力強さが伝わるデザインです。

この限定モデルを含め、「ネクスター」シリーズは5月13日(金)に一斉発売。『セイコー』の先進性を象徴するブランドの新たな取り組みを、自身の目でしっかりと確かめてみてください。

Text_Fumihiro Natsume

DATA

セイコーウオッチ(株) お客様相談室

0120-061-012

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/astron/special/2022nexter/

READ MORE合わせて読みたい
セイコーのアストロン。その魅力と18のおすすめモデルを紹介

腕時計・ウォッチ

セイコーのアストロン。その魅力と18のおすすめモデルを紹介

世界初のGPSソーラーウォッチとして登場して以来、高機能な国産腕時計として支持の厚い『セイコー』の「アストロン」。見た目と機能を両立した、その魅力に迫ります。

横山 博之

2020.05.15

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計・ウォッチ

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのが「セイコー」というメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

2021.08.06

グランドセイコーを買う前に。国産時計の最高峰、そのすべてを知っておく

腕時計・ウォッチ

グランドセイコーを買う前に。国産時計の最高峰、そのすべてを知っておく

国産高級時計ブランド、その代名詞ともいえるのが『グランドセイコー』です。日本の時計製造技術の粋を集めて作られた同ブランドの魅力をたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

2022.04.15

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP