ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは?

ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは?

2022.06.03 15:00
SHARE
記事をお気に入り

今ホットな腕時計トレンドを1つ挙げるなら、なんといっても“ラグスポ”ことラグジュアリースポーツウォッチは外せない。元は高級腕時計ブランドが手掛けるSS(ステンレススチール)製のスポーツモデルを指す言葉であったが、現代においてはそんな蘊蓄を語るのも野暮といえるぐらいの人気カテゴリとして君臨している。高級感とスポーティさを兼備するルックスは、オン・オフ使える万能選手として実に頼れる存在だ。

そして2021年の春。そんなラグスポの世界に新風を吹き込んだのが、『ティソ』がリリースした「ティソ PRX クォーツ」だ。ポリッシュされたラウンドベゼルにケースと一体化したブレスレット、腕馴染みの良いスリムケースなど、そのデザインはまさにラグスポの王道を感じさせるものであった。それもそのはず、このモデルのベースはラグスポの草創期である1970年代に存在したアーカイブを再現したもの。5万円台というプライスも手伝って、発売直後から人気はうなぎ上り! その年の瀬には待望のオートマティックモデルも追加された。そんな注目作に、この夏さらなる話題を呼び込むであろう新顔が追加されることになったのだ。

ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは? 2枚目の画像

「ティソ PRX クォーツ 35mm シルバー」56,100円(税込)

お気に入り追加

ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは? 3枚目の画像

「ティソ PRX クォーツ 35mm ブルー」56,100円(税込)

お気に入り追加

ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは? 4枚目の画像

「ティソ PRX クォーツ 35mm グリーン」56,100円(税込)

お気に入り追加

ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは? 5枚目の画像

「ティソ PRX クォーツ 35mm ライトブルー」56,100円(税込)

お気に入り追加

その名も「ティソ PRX クォーツ 35mm」。そう、昨年発売された既存モデルはケース径が40mmだったのに対し、本作は一回り小さな35mm径にサイズダウンが図られているのだ。折しも昨今の腕時計業界では、パートナーとシェア使いできるユニセックスサイズの腕時計がトレンド。何より手首の細い人でもジャストで着けることができるし、ドレスシャツの袖にも引っ掛かりにくいなどメリットはさまざまだ。ダイヤルカラーはシルバー、ブルー、グリーン、ライトブルーの4色。ラグスポの王道デザインはそのままに一層旬度を高めた35mmモデルは、これから「ティソ PRX」シリーズを狙っている人にとって魅力十分の有力候補となりそうだ。

ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは? 6枚目の画像

「ティソ PRX クォーツ グリーン」56,100円(税込)

お気に入り追加

ブレイク中のPRXが小型化。35mmケースが男たちにもたらす恩恵とは? 7枚目の画像

「ティソ PRX クォーツ ブルー レザーストラップ」50,600円(税込)

お気に入り追加

もちろん、“存在感のある40mmが好き”という向きも少なくないだろう。そんな人には、「ティソ PRX クォーツ」に追加された新色をおすすめしたい。光の加減によって色や質感が変化するサンレイ仕上げのグリーンは、着こなしに上品なアクセントを効かせてくれる。さらにこの40mm径に、レザーストラップモデルという新しい選択肢も加わった。ダイヤルと色を合わせた深みのあるブルーストラップは、アリゲーターの型押し模様が施されたカウハイド製。きれいめカジュアルはもちろん、ドレッシーなスーツスタイルにもしっくりくる。

アーカイブをベースにしつつも時代の流れに沿うように多様性を増した「ティソ PRX」シリーズ。時代の波を的確に読み、表現し続ける同シリーズは『ティソ』の定番としての確固たる地位を築いていくことだろう。

Text_Ryota Osujo

DATA

ティソ

03-6427-0366

https://www.tissotwatches.com/ja-jp/tissot-prx.html

READ MORE合わせて読みたい
高コスパなスイス時計を輩出。ティソから選ぶおすすめモデル15選

腕時計・ウォッチ

高コスパなスイス時計を輩出。ティソから選ぶおすすめモデル15選

多くの名門、高級ブランドがしのぎを削る腕時計のメッカ、スイス。なかでも『ティソ』は、機能的で比較的手が届く価格帯の展開がある、注目度の高いブランドだ。

TASCLAP編集部

2021.07.06

ティソのシースターは、半世紀を超える歴史が実証するダイバーズウォッチの本命だ

腕時計・ウォッチ

ティソのシースターは、半世紀を超える歴史が実証するダイバーズウォッチの本命だ

良質かつ適正価格なモノ作りから老若男女に支持されるスイスの老舗ブランド『ティソ』。実は、ダイバーズウォッチ「ティソ シースター』への力の入れ具合が凄いんです。

石井 良

2021.09.10

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP