一点投入で足元に華やぎを。コンバース×アダム エ ロペのコラボが今夏も活躍必至

一点投入で足元に華やぎを。コンバース×アダム エ ロペのコラボが今夏も活躍必至

2022.06.09 15:00
SHARE
記事をお気に入り

傑作「オールスター」を筆頭に、スニーカーにおける名靴の宝庫として知られる『コンバース』。そして、毎シーズンのようにリリースされるコラボモデルにおいてもスニーカー好きを楽しませてくれています。なかでも昨今好評を博しているのが、2020年に第1弾をリリースして以来、知る人ぞ知る要注目銘柄となっている『アダム エ ロペ』とのコラボモデルです。記憶に新しいところでは、昨夏リリースされた「オールスター クップ」の別注。名作「オールスター」をヨーロピアンテイストへとブラッシュアップした同モデルを、美しいシボが浮かぶ黒レザーでアレンジしました。きれいめな装いに映えるスニーカーを求めていた大人たちに、“こんな靴が欲しかった”と言わしめたのです。

そんな注目度の高いコラボの最新作が今夏もリリースされたのだから、これは目を離すわけにはいきません。今回ベースとなっているのは、「U.S.オリジネーター」というシリーズのモデル。このシリーズ自体は、“古き良きアメリカのヴィンテージテイストの追求”をコンセプトに掲げたもの。かつてはユーズド感のあるキャンバスやツヤのあるラバーを採用し、日本未発売の「CT70」を思わせる佇まいの1足をリリースするなど、温故知新な名作を手がけてきたことで知られています。

一点投入で足元に華やぎを。コンバース×アダム エ ロペのコラボが今夏も活躍必至 2枚目の画像

「エクスクルーシブ パイソン オールスター US スリップオン」10,780円(税込)

お気に入り追加

一点投入で足元に華やぎを。コンバース×アダム エ ロペのコラボが今夏も活躍必至 3枚目の画像

お気に入り追加

一点投入で足元に華やぎを。コンバース×アダム エ ロペのコラボが今夏も活躍必至 4枚目の画像

お気に入り追加

一点投入で足元に華やぎを。コンバース×アダム エ ロペのコラボが今夏も活躍必至 5枚目の画像

お気に入り追加

一点投入で足元に華やぎを。コンバース×アダム エ ロペのコラボが今夏も活躍必至 6枚目の画像

お気に入り追加

そんな「U.S.オリジネーター」シリーズに対し、『アダム エ ロペ』が別注をかけたコラボモデルは、その名も「エクスクルーシブ パイソン オールスター US スリップオン」。スリップオン仕様の「オールスター」、そのアッパーをパイソン柄のコットンキャンバスに乗せ替え、ツヤ出し加工を施したソールテープの採用でヴィンテージ感溢れる佇まいに仕上げています。なお、パイソン柄はこの1足のためにデザインされたオリジナルのもの。モノトーン基調の配色ゆえにエキゾチックさはありつつも、悪目立ち感は皆無です。それでいて単色のスニーカーとはまた違う華があり、ヒールラベルに描かれた“U.S. ORIGINATOR”の印字がバックスタイルの見どころになってくれます。

本作は、すでに『アダム エ ロぺ』全店舗と公式オンラインストアで販売中。ショーツやクロップドなど短丈のパンツをはく機会が増えるこれからの季節は、まわりから足元のおしゃれが注目される季節でもあります。このパイソン柄シューズさえあれば足元の物足りなさを解消し、人との違いを印象付けることも朝飯前……、というのも決して過言ではなさそうです。

Text_Takumi Endo

DATA

ジュンカスタマーセンター

0120-298-133

https://www.junonline.jp/

READ MORE合わせて読みたい
コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの20足を網羅

スニーカー・シューズ

コンバースのスニーカーは王道中の王道。今買いの20足を網羅

日本ではもちろん、世界中で多くのファンを獲得している『コンバース』。定番の「オールスター」から「スケートボーディング」モデルまで、注目作を一気に披露します。

本間 新

2022.07.22

コンバースキャンピングサプライとは何モノか。代表作3足に見る、その本気

スニーカー・シューズ

コンバースキャンピングサプライとは何モノか。代表作3足に見る、その本気

『コンバース』が本気でアウトドアカテゴリに挑む「コンバース キャンピングサプライ」。そのメインとなる3モデルを披露しつつ、その独自の世界観を読み解いてみましょう。

本間 新

2020.12.12

何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

スニーカー・シューズ

何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

TASCLAP編集部

2019.06.27

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP