光と影が織りなすエレガンス。今年190周年を迎えたロンジンが、待望の新ビジュアルを公開

光と影が織りなすエレガンス。今年190周年を迎えたロンジンが、待望の新ビジュアルを公開

2022.06.15 15:00
SHARE
記事をお気に入り

1832年にスイスで設立された『ロンジン』は、“伝統、エレガンス、パフォーマンス”のコンセプトのもと、数々の名作を世に送り出してきた腕時計界の名門。世界的なスポーツイベントの計時も担当しているほか、国際スポーツ連盟のパートナーを長年務めるなど、長い歴史の中でスイスを代表する時計ブランドとしての地位を確固たるものにしていった。

昨年、そんな『ロンジン』のブランドアンバサダーに就任したのが、日本を代表する俳優・本木雅弘氏だ。『ロンジン』が持つ時代を超越したエレガンスと、本木氏の成熟したキャリアが生み出すエレガンス。そんな両者の美点の邂逅と共鳴が描かれたスペシャルな映像作品『ELEGANCE IS AN ATTITUDE』は、日本の腕時計ファンの心に鮮烈な印象を焼き付けた。そして今年、創業190周年という節目の年を迎えた『ロンジン』は、再び本木氏とともに新しいビジュアルを打ち出したのだ。

光と影が織りなすエレガンス。今年190周年を迎えたロンジンが、待望の新ビジュアルを公開 2枚目の画像

お気に入り追加

光と影が織りなすエレガンス。今年190周年を迎えたロンジンが、待望の新ビジュアルを公開 3枚目の画像

お気に入り追加

光と影が織りなすエレガンス。今年190周年を迎えたロンジンが、待望の新ビジュアルを公開 4枚目の画像

「L2.673.4.92.0」440,000円(税込)

お気に入り追加

今回のテーマは“LIGHT and SHADOW -瞬くエレガンス”。その名の通り、ビジュアルでは光と影によって映し出される世界の美しさを描写。腕時計という小宇宙に広がる光と影の世界が、見事に表現されているのだ。そして前作よりもくつろいだ装いに身を包んだ本木氏の腕で瞬くのは、フラッグシップライン「ロンジン マスターコレクション」の「L2.673.4.92.0」。月の満ち欠けを表示するムーンフェイズやクロノグラフなどのコンプリケーション機構が搭載された同作は、ブランドの技術力を象徴する最高峰モデルだ。光の角度によって異なる表情を見せるサンレイ加工や、宇宙を想起させる深みのあるブルーの文字盤など、まさに『ロンジン』のエレガンスを体現するタイムピースといえる仕上がりだ。

なお、特設サイトでは新ビジュアルに加え、本木氏が“エレガンス”や『ロンジン』について語ったインタビュー記事も公開中。『ロンジン』と本木雅弘氏。無限の深みと広がりを見せる両者の共演から目が離せない。

Text_Ryota Osujo

DATA

ロンジン

03-6254-7350

https://www.longines.com/jp/landing/elegance-is-an-attitude-masahiro-motoki

READ MORE合わせて読みたい
2世紀にも迫る歴史。ロンジンの腕時計には、確かな“伝統”が宿る

腕時計・ウォッチ

2世紀にも迫る歴史。ロンジンの腕時計には、確かな“伝統”が宿る

2017年には創業185年を迎え、ますます老舗としての風格を高める『ロンジン』。数多の賞を獲得し、著名な冒険者たちと積み上げてきた歴史が、プロダクトには宿っている。

TASCLAP編集部

2021.02.01

復刻時計をお探しなら。ロンジンのヘリテージシリーズには傑作が揃っている

腕時計・ウォッチ

復刻時計をお探しなら。ロンジンのヘリテージシリーズには傑作が揃っている

昨今、時計界の一大トレンドとなっている復刻時計。そのシーンをけん引してきたスイスの老舗『ロンジン』の「ヘリテージ」シリーズには、今欲しい時計が揃っています。

石井 良

2021.08.05

やっぱり青が欲しい。ブルーの腕時計を取り入れるメリットとおすすめを網羅

腕時計・ウォッチ

やっぱり青が欲しい。ブルーの腕時計を取り入れるメリットとおすすめを網羅

腕時計は黒か白、シルバーに限る……そう決めつけている人は損をしているかもしれません。青、つまりブルーの腕時計は大人の男に実に多くの恩恵をもたらしてくれるのです。

押条 良太

2022.03.25

KEYWORD関連キーワード

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP