伝説モデルへの敬意を体現。ヘリテージカラーを採用したスピードタイマーの新作とは

伝説モデルへの敬意を体現。ヘリテージカラーを採用したスピードタイマーの新作とは

2022.08.29 19:00
SHARE
記事をお気に入り

『セイコー』の歴史だけでなく、日本の時計史を語るうえでも欠かせないクロノグラフの名品「1969 スピードタイマー」。その名を継承したコレクション「スピードタイマー」が2021年に発表され、好事家たちを歓喜させたのは記憶に新しいところです。そもそもクロノグラフが好きという人はもちろん、モダンにブラッシュアップされたシャープなデザインは、多くの腕時計ファンの物欲を刺激しました。

そして今年、1969年当時のオリジナルカラーをイメージしたモデルが発売されることが決定。50年以上の月日を経てリリースされる新モデルは、一体どんな進化を遂げているのか。その全貌をチェックしていきましょう。

伝説モデルへの敬意を体現。ヘリテージカラーを採用したスピードタイマーの新作とは 2枚目の画像

「1969 スピードタイマー」※アーカイブ

お気に入り追加

1969年は『セイコー』が世界を驚かせた年といっても過言ではありません。この年は、『タグ・ホイヤー』や『ブライトリング』をはじめとした世界のトップブランドが競って自動巻きクロノグラフを登場させました。しかし、現在高級腕時計を中心に採用されている革新的なクロノ制御機構・垂直クラッチを搭載した自動巻きクロノグラフを発売したのは、『セイコー』が世界で初めて。スイスブランドがリードしてきた時計業界にあって、「1969 スピードタイマー」は『セイコー』、そして日本の技術力の高さを証明した伝説的なモデルとなったのです。

伝説モデルへの敬意を体現。ヘリテージカラーを採用したスピードタイマーの新作とは 3枚目の画像

「SBEC017」352,000円(税込)

お気に入り追加

伝説モデルへの敬意を体現。ヘリテージカラーを採用したスピードタイマーの新作とは 4枚目の画像

お気に入り追加

オリジナルである「1969 スピードタイマー」のキーカラーは、ベゼルに配されたブルー×レッド。このたび発売される新生「スピードタイマー」のヘリテージカラーモデルでは、当時のデザインを踏襲し、ブルーとレッドが効果的にあしらわれています。ただ、“同じカラーを使っただけ”で終わらないところが本作の見どころ。オリジナルモデル同様、色使いによって判読性を徹底的に突き詰めているのです。例えば文字盤には、光の当たり方によって美しいグラデーションを描くブルーを採用。インダイヤルと外周の目盛りを白抜きにすることで判読性を高め、さらにレッドを針のアクセントカラーとして使うことで誤読を防いでいます。色以外でも、プッシュボタンに正確な操作性を実現するハンマー型を採用したり、重心を考慮したブレスレットを搭載したりと、とにかくこだわりが満載。裏側の縫い目を隠し、汗などによる劣化を低減するコンシール仕様のカーフレザーストラップが付属してくるのもうれしいポイントといえます。

オリジナルへのリスペクトを表しつつ現代的アップデートも加えられた本作の発売は、9月9日(金)。考え抜かれたカラーリングやディテールワークを目にすれば、長い歴史の中で培われてきた『セイコー』の技術力の高さを改めて実感できることでしょう。

Text_Fumihiro Natsume

DATA

セイコーウオッチ(株)お客様相談室

0120-061-012

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/special/speedtimer/index

READ MORE合わせて読みたい
クロノグラフの新機軸。セイコー スピードタイマーはなぜ評価されているのか?

腕時計・ウォッチ

クロノグラフの新機軸。セイコー スピードタイマーはなぜ評価されているのか?

“スピードタイマー”という伝説的な名を持つモデルが2021年に復刻され、人気を博しています。ここではその秘密を読み解きつつ、どのようなモデルなのか解説しましょう。

夏目 文寛

2022.04.02

セイコープロスペックスはカジュアルウォッチの最適解。主要モデルを完全網羅

腕時計・ウォッチ

セイコープロスペックスはカジュアルウォッチの最適解。主要モデルを完全網羅

質実剛健で頼れる腕時計の筆頭である『セイコー プロスペックス』。しかし、いざ選ぶとなると種類豊富ゆえに悩みがち。最新作を含め、主要モデルを一気にご紹介します!

石井 良

2021.07.10

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計・ウォッチ

日本の至宝、セイコー。その歴史と人気ブランドを読み解く

腕時計について知れば知るほど、その奥深さがわかるのが「セイコー」というメーカー。ここではそんな“国産時計の雄”の歴史とおすすめをたっぷりご紹介します。

夏目 文寛

2021.08.06

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP