ブランドきってのアイコニックモデル・ベンチュラに、“光る”新作が登場!

ブランドきってのアイコニックモデル・ベンチュラに、“光る”新作が登場!

2022.10.17 15:00
SHARE
記事をお気に入り

アメリカを代表するウォッチメゾン『ハミルトン』。1892年の誕生以来革新的な腕時計を生み出し続けている同ブランドは、2022年の今年、創業130周年を迎えました。そんな名門の歴史を象徴するモデルともいえる「ベンチュラ」に、このたび“光る”新作「ベンチュラ XXL ブライト」が登場。未来感溢れる独創的なルックス&ギミックを備えた新モデルが、早速腕時計界を騒がせています。

ブランドきってのアイコニックモデル・ベンチュラに、“光る”新作が登場! 2枚目の画像

お気に入り追加

三角の盾型ケースを持ったアヴァンギャルドな形状の「ベンチュラ」が発売されたのは1957年のこと。そのフューチャリスティックかつユニークなデザインに目を奪われがちですが、世界初の電池式時計として誕生し、技術的にもマイルストーンとなったモデルでした。現在でもそのアイコニックなルックスのファンは多く、クォーツのみならず機械式も登場するなど、『ハミルトン』の看板モデルとして多くのラインアップを誇ります。今回“光る”「ベンチュラ」として発表された新モデルは、もっともビッグな「ベンチュラ XXL」がベース。横幅47.6mmの迫力あるケースは、光る文字盤と相まって「ベンチュラ」随一といっても過言ではない存在感を誇ります。

ブランドきってのアイコニックモデル・ベンチュラに、“光る”新作が登場! 3枚目の画像

「ベンチュラ XXL ブライト」203,500円(税込)

お気に入り追加

ブランドきってのアイコニックモデル・ベンチュラに、“光る”新作が登場! 4枚目の画像

※発光時

お気に入り追加

「ベンチュラ XXL ブライト」の文字盤デザインは、オリジナルのアイデンティティをしっかりと継承。原子をイメージしたドット+ラインのインデックスや、オシロスコープをモチーフとしたジグザク模様など、「ベンチュラ」を象徴する意匠があしらわれています。本モデルでは、9時位置のプッシュボタンを押すことで、アワーインデックスとジグザク模様が発光するギミックを追加。漆黒のブラックPDV加工が施されたケースに包まれた文字盤から浮かび上がる発光部は、未来的かつ幻想的なムードを演出し、誕生から65年を経た現在でも「ベンチュラ」が永遠のフューチャリスティックモデルであることを再認識させてくれます。

「ベンチュラ」のアイコニックなスタイルを踏襲しつつ、よりSF感を加速させた新モデルは間もなく発売。『ハミルトン』というブランドの、ますますの進化を予想させる注目作をどうかお見逃しなく。

Text_Fumihiro Natsume

DATA

ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン

03-6254-7371

https://www.hamiltonwatch.com/ja-jp/

READ MORE合わせて読みたい
ハミルトンといえば、ベンチュラ。進化を続ける定番人気モデルの魅力を読み解く

腕時計・ウォッチ

ハミルトンといえば、ベンチュラ。進化を続ける定番人気モデルの魅力を読み解く

『ハミルトン』の定番かつ人気モデルといえば「ベンチュラ」。2017年には誕生から60周年を迎えてバリエーションの拡充も進んでおり、勢いはとどまるところを知りません。

TASCLAP編集部

2022.02.25

米国生まれの名門・ハミルトン。普遍的な魅力を放つ腕時計16本を厳選

腕時計・ウォッチ

米国生まれの名門・ハミルトン。普遍的な魅力を放つ腕時計16本を厳選

アメリカの発展期に創業し、鉄道・軍用・航空時計で世界にその名を知らしめた『ハミルトン』。スイス発・スイス育ちのブランドとはひと味違う、唯一無二の魅力に迫ります。

押条 良太

2022.03.11

予算10万円でも大満足。高コスパな本格派腕時計を、ハミルトンで見つけた

腕時計・ウォッチ

予算10万円でも大満足。高コスパな本格派腕時計を、ハミルトンで見つけた

名作は高額である。そんな常識は『ハミルトン』に当てはまりません。アメリカンスピリットとスイス品質を高次元で両立させる同門にはハイコスパな良作が大充実しています。

押条 良太

2022.09.14

KEYWORD関連キーワード

PICK UP

編集部の注目

復刻ウォッチトレンドの旗手、ロンジン。3つのルーツから提案する銘品たち

今年で創業190周年を迎える『ロンジン』は、これまで数多くの傑作を手掛けてきました。それらにスポットを当てた復刻モデルこそ今季の狙い目。3つの銘品を掘り下げます。

SPONSORED by ロンジン

続きを読む

“冬ビズ”コーデの特効薬が5,000円台から! 敏腕スタイリストと読み解くメガネの効能

ネクタイなどと同様、メガネもビジネススタイルのセルフプロデュースに不可欠なアイテム。理想的なフレームが揃い踏みした『ジンズ』の新作で、選びの要諦を読み解きます。

SPONSORED by ジンズ

続きを読む

今年の西川ダウンはどうなんだ!? おしゃれ賢者3人による徹底試着レビュー2022

『ナノ・ユニバース』の人気銘柄として知られる『西川ダウン(R)』。その今季作を、ファッション業界の経験豊富な識者たちが試着しながら徹底検証。さて、結果やいかに!?

SPONSORED by ナノ・ユニバース

続きを読む

今どきのビジカジはどうこなす? ドレススタイルのプロが見た“オーダー”という選択肢

自由度が高い反面、難しくもあるビジネスカジュアル。もしビジカジにお悩みなら、独自のオーダーシステムで話題沸騰中のブランド『ファブリックトウキョウ』がおすすめだ。

SPONSORED by ファブリックトウキョウ

続きを読む

今欲しいのは“深イイ”腕時計。男の奥行きをセンスフルに示すポール・スミスの新作ウォッチ

英国ブランド『ポール・スミス』から、本格的かつファッショナブルな機械式時計と、定番ウォッチのニューカラーがお目見え。男の“深み”を演出する新作の魅力に迫ります。

SPONSORED by ポール・スミス

続きを読む

バッグの名門が提案する第3の定番色。“グレー”がこれからのビジネスシーンを変えていく

ビジネスバッグといえば従来、黒と紺がお約束でした。しかし、働き方の多角化に伴いその常識も徐々に変化。老舗『サムソナイト』は第3の定番色としてグレーを提案します。

SPONSORED by サムソナイト

続きを読む

この冬、狙うべきは“○○じゃないほう”の1着だ。タトラスに学ぶ今どきダウンの選択術

安心感のある定番も良いけれど、あえて“じゃないほう”のダウンを選んでさりげなく旬な変化を楽しむのもおすすめです。ご存じ『タトラス』で、今どきのチョイスをご提案!

SPONSORED by タトラスインターナショナル

続きを読む

もっと見る

RELATED ARTICLES

あなたにおすすめの記事

ACCESS RANKING

アクセスランキング

ITEM RANKING

アイテムランキング

NEW

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

人気ショップスタッフの
最旬コーディネートをご紹介

おすすめ記事
TOP