ニュース・トピックス

現代のテクノロジーを注入した新旧の名作たち。リーの130周年は伊達じゃない

現代のテクノロジーを注入した新旧の名作たち。リーの130周年は伊達じゃない

100年続くブランドである、というのは口でいうより遙かに大変なことだ。その行程には山あり谷ありあるだろうが、1つのカテゴリの第一線を1世紀以上にわたり張り続けるこ…

編集ムタガミ

25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

いつの時代も“限定”という言葉に弱い我々だが、そこにアニバーサリーという特別感も加味されれば、さらに気分が上がることは明白だ。今回ご紹介する『ナンガ』の25周年記…

TASCLAP編集部

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

「好評につき第2弾」となるコラボレーションは少なくない。今回紹介する腕時計も、その類いではある。ただし、コンセプトを深化させ、アイテムとして進化している点で単…

増山 直樹

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

渋谷駅は、まさに巨大迷路。都内在住者でさえ迷うのだから、たまにやってきた多くの方々は驚くだろう。100年に一度と言われる再開発は現在も続き、周囲には新しいビルが…

増山 直樹

5Gが騒がれる中、あえての“2G”体験。渋谷パルコで新感覚の店舗に出会う

5Gが騒がれる中、あえての“2G”体験。渋谷パルコで新感覚の店舗に出会う

1973年の開業以来、東京、引いては日本のトレンドをけん引してきた「渋谷パルコ」。渋谷カルチャーの代名詞が、来る11月22日(金)に満を持して次世代デジタルファッショ…

TASCLAP編集部

時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

編集ムタガミ

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

さまざまなモノと出会い、あらゆる経験を積みながら熟成されていく男の生き様とは、まるで1本のワインのようだ。そんな熟練した男にぴったりな腕時計が、『ティソ』より…

TASCLAP編集部

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

TASCLAP編集部

ツールではなく、アクセサリー。定番メーカーが仕掛ける文具の新しい形

ツールではなく、アクセサリー。定番メーカーが仕掛ける文具の新しい形

誰もが一度は使ったことがあるであろう、文具メーカーとしてお馴染みの『コクヨ』。そんな同社が従来の文具では類を見ない、新たなシリーズを展開した。

編集フカザワ

デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

『エドウイン』と『ミズノ』。言わずもがな片やデニム界、片やスポーツ界をリードし続ける日本を代表するブランドだ。この両者がタッグを組み日本のクラフトマンシップを…

TASCLAP編集部

現代のテクノロジーを注入した新旧の名作たち。リーの130周年は伊達じゃない

現代のテクノロジーを注入した新旧の名作たち。リーの130周年は伊達じゃない

100年続くブランドである、というのは口でいうより遙かに大変なことだ。その行程には山あり谷ありあるだろうが、1つのカテゴリの第一線を1世紀以上にわたり張り続けるこ…

編集ムタガミ

点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

「どうやって時間を読むの?」と、『タックス』の腕時計を初めて見た人は難しい顔をするかもしれない。文字盤が水面のように波打っていたり鏡になっていたり、はたまたカ…

編集ムタガミ

25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

いつの時代も“限定”という言葉に弱い我々だが、そこにアニバーサリーという特別感も加味されれば、さらに気分が上がることは明白だ。今回ご紹介する『ナンガ』の25周年記…

TASCLAP編集部

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

「好評につき第2弾」となるコラボレーションは少なくない。今回紹介する腕時計も、その類いではある。ただし、コンセプトを深化させ、アイテムとして進化している点で単…

増山 直樹

1994×2013。二大テクノロジーから生まれた、至高のハイテクスニーカー

1994×2013。二大テクノロジーから生まれた、至高のハイテクスニーカー

ブランド同士が手を取り合い、話題性あるコラボアイテムをリリースすることは珍しくないが、今回ほどのインパクトを残すことはなかなか叶わないだろう。紹介するのは『リ…

編集フカザワ

ただのシンプルウォッチにあらず。3つの惑星がテーマとなったクラス14の注目作

ただのシンプルウォッチにあらず。3つの惑星がテーマとなったクラス14の注目作

腕時計は男性にとっての唯一の装飾品、とよく表現される。もはやそんな時代でもない気がするけれど、確かにそれは、単なる計器ではなくアクセサリーとしても優秀だ。そう…

増山 直樹

機能と見た目にストイックなブランドコラボ。このダウンは店頭で体感せよ!

機能と見た目にストイックなブランドコラボ。このダウンは店頭で体感せよ!

ネットショッピングが当たり前の昨今。試着せずに購入することは増えていることだろうが、ことダウンジャケットに関しては店頭での試着が多いアイテムだ。高価ゆえに失敗…

編集フカザワ

ランニング、トレラン、コートシューズ。さて、どの“雄鶏”が好み?

ランニング、トレラン、コートシューズ。さて、どの“雄鶏”が好み?

フランスの国鳥でもある鶏ロゴが印象的な『ルコックスポルティフ』について、競技用ウェアを幅広く扱うブランドとして認知している方が多いだろう。もちろん間違いではな…

編集フカザワ

王道も新鋭も。今季参考にしたい、アーバンリサーチのジャケットスタイル

王道も新鋭も。今季参考にしたい、アーバンリサーチのジャケットスタイル

ストリートスタイルがここ最近の気分だった、という読者諸兄は少なくないだろう。とはいえ、ラフなファッションの後には少々かっちりとしたスタイリングを楽しみたくなる…

編集フカザワ

代用できない快感を、サイのオーダーメイドで堪能しよう

代用できない快感を、サイのオーダーメイドで堪能しよう

オーダーを経験してこそ、真のファッション好き。誰が言ったか知らないが、特にサイジングがシビアなスーツの世界では、オーダーメイドこそ美徳とされる。では、カジュア…

増山 直樹

この季節しか出会えない。特別で、“おいしいシャツ”

この季節しか出会えない。特別で、“おいしいシャツ”

食欲の秋、と謳われるシーズンに突入した。秋は同時にファッションにおいても装う楽しみが増える時季でもある。ウェアの代表格は、ずばりシャツ。色柄や着方次第でスタイ…

増山 直樹

トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテー…

編集ムタガミ

海でも空でも、もちろん陸でも。そんなタフウォッチに憧れて

海でも空でも、もちろん陸でも。そんなタフウォッチに憧れて

逆境に強い。これは、誰もが憧れる人物像の代表的性格だろう。ピンチでこそ力を発揮するヒーロー性や圧倒的なタフネスは、実に魅力的だ。そしてそれは、腕時計であっても…

増山 直樹

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン

“マンモス”控えめ、でも強烈。本格派なのにアーバンライクな4つのダウン

まるで山から街に降り立った猛獣のごとく、凄まじい勢いでストリートを席巻するアウトドアな服。トレンドは、今冬も衰え知らずであることは確かだろう。そんなプロダクト…

増山 直樹

ヴィンテージ顔でも、スペックはモダン。70年代の空気を纏う復刻ウォッチ

ヴィンテージ顔でも、スペックはモダン。70年代の空気を纏う復刻ウォッチ

端的にいえば、ミリタリーウォッチの魅力は、プロフェッショナルが使用する高い機能美と武骨で質実剛健な男らしいデザインだ。特にアメリカ生まれの名門『ハミルトン』の…

TASCLAP編集部

存在感満点。秋のおしゃれを約束する、良センスのモジーンがある

存在感満点。秋のおしゃれを約束する、良センスのモジーンがある

「おしゃれは足元から」なんて言い古された名文句があるが、シンプルなファッションを好む我々にこそ実はしっくりくるのかもしれない。例えばTシャツにデニム、シャツに…

TASCLAP編集部

新作に改めて見る、セイコー プレザージュの日本的機能美

新作に改めて見る、セイコー プレザージュの日本的機能美

真面目、控えめ。多くの人がイメージする日本人らしさは、そんなところだろうか。そう決めつけない風潮もあるし、実際にそうではない人もいるし、そうあろうとする必要は…

増山 直樹

素朴な顔立ちがクセになる。この秋履くなら、栃木レザー製のチロリアン

素朴な顔立ちがクセになる。この秋履くなら、栃木レザー製のチロリアン

この秋冬も人気を集めるアウトドアスタイル。アーバンアウトドアと呼ばれる街での装いも、今ではすっかり定着している。では、そのコーディネートの足元は? というと、…

TASCLAP編集部

新旧の服がMIX? ラコステによる“OLD meets NEW”という提案

新旧の服がMIX? ラコステによる“OLD meets NEW”という提案

「元祖ポロシャツ」と聞けば、あのワニのロゴを真っ先に思い出すであろう。1933年に同名のプロテニス選手が創業した『ラコステ』は、ここ日本やブランドのお膝元であるフ…

増山 直樹

たかがケース、されどケース。だからこそあると便利な、あのケースの話

たかがケース、されどケース。だからこそあると便利な、あのケースの話

いよいよである。なにがって? Appleの新型iPhone発売が、である。さまざまな情報や希望的観測が飛び交ったが、それらはひとえにユーザーの注目度の高さゆえ。ちなみにiP…

増山 直樹

ロマンと実用性を両立する、現代的なヴィンテージとは?

ロマンと実用性を両立する、現代的なヴィンテージとは?

古き良きモノへの憧れは、男にとって抗えないロマンを秘めている。その代表格に当たるファッションアイテムといえば、やはりヴィンテージデニムだろう。今回紹介するのは…

増山 直樹

クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

クラフトマンシップの共演。ゆっくり、時間をかけて味わいたい服がある

一般的に“非効率”というとネガティブな印象があるかもしれない。しかしながら時として、人の手を掛け、時間をかけた“非効率”から生まれたプロダクトはただならぬ魅力に溢…

TASCLAP編集部

これを待っていた。オールブラックのベンチュラが示す、“定番”の新たな地平

これを待っていた。オールブラックのベンチュラが示す、“定番”の新たな地平

腕時計に詳しくない、という人でも扇形に広がるアシンメトリーデザインには見覚えがあるだろう。「カーキ」や「ジャズマスター」と並び、米国発の老舗腕時計ブランド『ハ…

編集ムタガミ

BACK