ニュース・トピックス

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

世代を超え世界中で愛されるスカイウォーカー家の物語を描く「スター・ウォーズ」がいよいよ完結する。シリーズファイナルを飾る「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの…

増山 直樹

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年も終わりに近づく中、またもスニーカー界からビッグニュースが舞い込んだ。発信源は、言わずと知れた『ナイキ』。パーツごとの異素材MIXと大胆なビジブルエアで…

増山 直樹

時を忘れる腕時計? “キャンパー”のためのキャンパーが登場

時を忘れる腕時計? “キャンパー”のためのキャンパーが登場

“ミリタリー”や“アウトドア”という言葉に弱い我々。そこに“コラボ”や“限定”というキラーワードが内包されていればなおさらである。そんな魅惑のプロダクトとしてこの冬誕…

TASCLAP編集部

ビズシーンの新たな相棒に。頼れるコラボアイテムで心機一転

ビズシーンの新たな相棒に。頼れるコラボアイテムで心機一転

大きな話題を呼んだ、『ナノ・ユニバース』が展開するライフスタイルブランド『ウィルラウンジ』とラゲッジブランド『ブリーフィング』の共作シリーズに、今季第2弾がお…

菊地 亮

高品質の、その先へ。ダウン選びの新たなキーワードとは?

高品質の、その先へ。ダウン選びの新たなキーワードとは?

大人の装いに馴染むルックスだったり、フィルパワーを単位とする暖かさだったりと、ダウン選びの視点はいくつかある。なかでも、これからの購入を目論んでいる方や、2着…

TASCLAP編集部

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

直球&変化球で魅せる大人の「スター・ウォーズ」コラボ

世代を超え世界中で愛されるスカイウォーカー家の物語を描く「スター・ウォーズ」がいよいよ完結する。シリーズファイナルを飾る「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの…

増山 直樹

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年、最後の大物? ニュースなスニーカーをお見逃しなく

令和元年も終わりに近づく中、またもスニーカー界からビッグニュースが舞い込んだ。発信源は、言わずと知れた『ナイキ』。パーツごとの異素材MIXと大胆なビジブルエアで…

増山 直樹

2つのスペシャルコンテンツが、クリスマスをよりハッピーにする

2つのスペシャルコンテンツが、クリスマスをよりハッピーにする

クリスマスとくればイルミネーション、ではなくケーキ、でもなく今回は『ユナイテッドアローズ』のお話。アンテナを張っている読者の皆さんであれば、同オンラインストア…

増山 直樹

時を忘れる腕時計? “キャンパー”のためのキャンパーが登場

時を忘れる腕時計? “キャンパー”のためのキャンパーが登場

“ミリタリー”や“アウトドア”という言葉に弱い我々。そこに“コラボ”や“限定”というキラーワードが内包されていればなおさらである。そんな魅惑のプロダクトとしてこの冬誕…

TASCLAP編集部

年越し前のうれしい復刻。クリーンな足元で新年を迎えよう

年越し前のうれしい復刻。クリーンな足元で新年を迎えよう

1990年代半ばに巻き起こった空前のハイテクスニーカーブーム。その火付け役となったのが、94年に発売され、今では『リーボック』のアイコンとなった「インスタポンプフュ…

TASCLAP編集部

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

日本初の直営店で、“キング・オブ・ローファー”に出会う

スニーカーよりもう少し上品に昇華したい、ドレスシューズのような革靴よりちょっとカジュアルに落とし込みたい。ローファーはそんな我々の欲望を満たしてくれる最適な靴…

TASCLAP編集部

待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

待ってました。大ヒットを飛ばしたナンガコラボが、装いも新たにお目見え

寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、最も頼りになるアウターといえば、やはりダウン。この冬も多くのブランドからさまざまなモデルがリリースされているが、TASCLAP…

TASCLAP編集部

周年&コラボがダブルでめでたい!アニバーサリーコレクションの第2弾に注目

周年&コラボがダブルでめでたい!アニバーサリーコレクションの第2弾に注目

1954年に生まれ、59年にはアメリカ国防省の御用達。わずか“5歳”から超エリートコースを歩んだ結果、今やキング・オブ・ミリタリーと謳われる存在にまで成長。それが『ア…

増山 直樹

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ

流石パープルレーベル。マーチンとの共作はアウトドアブーツの新境地だ

衰え知らずの90年代ブーム。なかでも当時のアウトドアスタイルはアウター、バッグ、スニーカーとさまざまなアイテムでオマージュされている。今回紹介する『ザ・ノース・…

TASCLAP編集部

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

迷わず足を運びたい。渋谷の旬スポットに登場する、ビームス ジャパンの2号店

渋谷駅は、まさに巨大迷路。都内在住者でさえ迷うのだから、たまにやってきた多くの方々は驚くだろう。100年に一度と言われる再開発は現在も続き、周囲には新しいビルが…

増山 直樹

5Gが騒がれる中、あえての“2G”体験。渋谷パルコで新感覚の店舗に出会う

5Gが騒がれる中、あえての“2G”体験。渋谷パルコで新感覚の店舗に出会う

1973年の開業以来、東京、引いては日本のトレンドをけん引してきた「渋谷パルコ」。渋谷カルチャーの代名詞が、来る11月22日(金)に満を持して次世代デジタルファッショ…

TASCLAP編集部

時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

時の流れをデザインで表現。オシアナスの15周年はこんなにも優雅だ

腕時計とは時刻を指し示すもの、というとそっけなく感じてしまうが、その手法はプロダクトによってさまざまだ。キリキリと歯車が回転して時間を刻む、有機的な時の流れを…

牟田神 佑介

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

経験豊富な男たちへ、100年の時を超えて復刻を遂げた名作を

さまざまなモノと出会い、あらゆる経験を積みながら熟成されていく男の生き様とは、まるで1本のワインのようだ。そんな熟練した男にぴったりな腕時計が、『ティソ』より…

TASCLAP編集部

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

“胸アツ”の名作が進化。予約必須のGショックが登場

洋服にせよ、車にせよ、現代版としてアップデートした過去の名作は、オールディーズファンにとってもはじめましてな人にとっても新鮮だ。それもこれも名盤としての確かな…

TASCLAP編集部

ツールではなく、アクセサリー。定番メーカーが仕掛ける文具の新しい形

ツールではなく、アクセサリー。定番メーカーが仕掛ける文具の新しい形

誰もが一度は使ったことがあるであろう、文具メーカーとしてお馴染みの『コクヨ』。そんな同社が従来の文具では類を見ない、新たなシリーズを展開した。

深澤 正太郎

デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

デニムとスニーカー。日本における両分野のパイオニアが初のタッグを実現

『エドウイン』と『ミズノ』。言わずもがな片やデニム界、片やスポーツ界をリードし続ける日本を代表するブランドだ。この両者がタッグを組み日本のクラフトマンシップを…

TASCLAP編集部

現代のテクノロジーを注入した新旧の名作たち。リーの130周年は伊達じゃない

現代のテクノロジーを注入した新旧の名作たち。リーの130周年は伊達じゃない

100年続くブランドである、というのは口でいうより遙かに大変なことだ。その行程には山あり谷ありあるだろうが、1つのカテゴリの第一線を1世紀以上にわたり張り続けるこ…

牟田神 佑介

点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

点・線・面。幾何学的にデザインされた腕時計が、こんなにも新鮮だなんて

「どうやって時間を読むの?」と、『タックス』の腕時計を初めて見た人は難しい顔をするかもしれない。文字盤が水面のように波打っていたり鏡になっていたり、はたまたカ…

牟田神 佑介

25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

25周年は原点回帰。古き良き薫りのダウンジャケットを復刻リメイク

いつの時代も“限定”という言葉に弱い我々だが、そこにアニバーサリーという特別感も加味されれば、さらに気分が上がることは明白だ。今回ご紹介する『ナンガ』の25周年記…

TASCLAP編集部

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

目新しいだけじゃない。おしゃれで実用的な、アメリカ的カジュアルウォッチ

「好評につき第2弾」となるコラボレーションは少なくない。今回紹介する腕時計も、その類いではある。ただし、コンセプトを深化させ、アイテムとして進化している点で単…

増山 直樹

1994×2013。二大テクノロジーから生まれた、至高のハイテクスニーカー

1994×2013。二大テクノロジーから生まれた、至高のハイテクスニーカー

ブランド同士が手を取り合い、話題性あるコラボアイテムをリリースすることは珍しくないが、今回ほどのインパクトを残すことはなかなか叶わないだろう。紹介するのは『リ…

深澤 正太郎

ただのシンプルウォッチにあらず。3つの惑星がテーマとなったクラス14の注目作

ただのシンプルウォッチにあらず。3つの惑星がテーマとなったクラス14の注目作

腕時計は男性にとっての唯一の装飾品、とよく表現される。もはやそんな時代でもない気がするけれど、確かにそれは、単なる計器ではなくアクセサリーとしても優秀だ。そう…

増山 直樹

機能と見た目にストイックなブランドコラボ。このダウンは店頭で体感せよ!

機能と見た目にストイックなブランドコラボ。このダウンは店頭で体感せよ!

ネットショッピングが当たり前の昨今。試着せずに購入することは増えていることだろうが、ことダウンジャケットに関しては店頭での試着が多いアイテムだ。高価ゆえに失敗…

深澤 正太郎

ランニング、トレラン、コートシューズ。さて、どの“雄鶏”が好み?

ランニング、トレラン、コートシューズ。さて、どの“雄鶏”が好み?

フランスの国鳥でもある鶏ロゴが印象的な『ルコックスポルティフ』について、競技用ウェアを幅広く扱うブランドとして認知している方が多いだろう。もちろん間違いではな…

深澤 正太郎

王道も新鋭も。今季参考にしたい、アーバンリサーチのジャケットスタイル

王道も新鋭も。今季参考にしたい、アーバンリサーチのジャケットスタイル

ストリートスタイルがここ最近の気分だった、という読者諸兄は少なくないだろう。とはいえ、ラフなファッションの後には少々かっちりとしたスタイリングを楽しみたくなる…

深澤 正太郎

代用できない快感を、サイのオーダーメイドで堪能しよう

代用できない快感を、サイのオーダーメイドで堪能しよう

オーダーを経験してこそ、真のファッション好き。誰が言ったか知らないが、特にサイジングがシビアなスーツの世界では、オーダーメイドこそ美徳とされる。では、カジュア…

増山 直樹

この季節しか出会えない。特別で、“おいしいシャツ”

この季節しか出会えない。特別で、“おいしいシャツ”

食欲の秋、と謳われるシーズンに突入した。秋は同時にファッションにおいても装う楽しみが増える時季でもある。ウェアの代表格は、ずばりシャツ。色柄や着方次第でスタイ…

増山 直樹

トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

トレンドの旨みを総取り。スピニカーが見せた高コスパダイバーズの新次元

年の瀬にはまだ早いが、2019年の腕時計市場を振り返ってみると脱シンプルの流れが顕著であったように思う。挙げたいキーワードは、「ダイバーズ」「機械式」「ヴィンテー…

牟田神 佑介

BACK