ニュース・トピックス 2ページ目

やっぱり街でも映える。オフロードに強いニュー“ホカ オネオネ”

やっぱり街でも映える。オフロードに強いニュー“ホカ オネオネ”

『ホカ オネオネ』。一度聞いたら忘れられないようなネーミングのシューズブランドが、ここ数年勢力を伸ばし続けている。2009年にフランスで発祥し、現在はアメリカに本…

増山 直樹

いざ、神戸。3周年のチャンピオン限定TシャツはFACE氏描き下ろし!

いざ、神戸。3周年のチャンピオン限定TシャツはFACE氏描き下ろし!

TASCLAP読者諸兄にはもはや説明不要であろうアメリカンスポーツウェアブランド、『チャンピオン』。1919年の設立から記念すべき100周年を迎えた今年2019年は、キャンペー…

TASCLAP編集部

作り手の情熱宿りまくり。シングルのジーンズが“アツい”

作り手の情熱宿りまくり。シングルのジーンズが“アツい”

だいぶ気温も上がってきた今日この頃。海へ山へ、はたまた街へ遊びに出かけたいモードかもしれない。でも、「なんだかんだ自分の家が1番好き」という人も多いはず。服だ…

増山 直樹

見た目も“マナー”もスマートに。待っていたのはこんな大人リュック

見た目も“マナー”もスマートに。待っていたのはこんな大人リュック

一昔前まではタブーの風潮があったが、現在ではリュック出勤のサラリーマンも珍しくなくなった。優れた収納力は無論、両手が空く分スマホ操作が楽なのも支持率を高めてい…

山崎 サトシ

旬の“薄マチ”を、上質な素材で構築的に。やっぱりガンゾは美しい

旬の“薄マチ”を、上質な素材で構築的に。やっぱりガンゾは美しい

日本だけでなく世界的に加速しているキャッシュレス化の動き。実際に昔と比べると財布から小銭やお札を取り出す機会が減ってきているのではないだろうか。裏を返せば、そ…

TASCLAP編集部

「そんなの、ズルい」と言いたくなる、いいとこ取りの電波ソーラー時計

「そんなの、ズルい」と言いたくなる、いいとこ取りの電波ソーラー時計

正確で、信頼できる。電波ソーラー時計をあっさり表現すればそんな感じだ。各国の標準電波を受け取り、ソーラーパネルで集めた光を内部電池に充電し、いつでも正しい時刻…

増山 直樹

街でもキャンプ場でも真価を発揮。燃えないけど“モエる”コラボキャップ

街でもキャンプ場でも真価を発揮。燃えないけど“モエる”コラボキャップ

毎年そして毎シーズン、我々の物欲を刺激するコラボレーションアイテムは数え切れないほど登場する。それほど需要が多いということだろうが、今回紹介するのはいわゆる“…

増山 直樹

ザ・ノース・フェイスとヘリーハンセン、期待の新店舗は……知床!?

ザ・ノース・フェイスとヘリーハンセン、期待の新店舗は……知床!?

去る5月17日、『ザ・ノース・フェイス(以下、TNF)』の新店が北海道にオープンした。場所は日本最北端の世界自然遺産、知床だ。その名も「ザ・ノース・フェイス/ヘリー…

TASCLAP編集部

馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

馴染みのドレス顔に、ひとさじの男らしさ。細部に美を宿すヴォラレ タラス

ブランド名を初めて聞いたという人でも、光を受けて華やかに輝くすり鉢状の文字盤には見覚えがあるかもしれない。ブランドの名前は『KLASSE14(クラスフォーティーン)』…

編集ムタガミ

日々をもっと充実させてくれる、快適でしゃれたパイルウェア

日々をもっと充実させてくれる、快適でしゃれたパイルウェア

部屋着として着られるほど楽ちんなうえ、ワンマイル服としてもちゃんと“サマ”になる。吸水性良好で夏のアウトドアでも活躍必至。何のことかというと、巷でヒット中のパイ…

山崎 サトシ

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ

そのギャップが今っぽい。男心くすぐる、ハイブリッドシューズ

ギャップに弱いのは、何も女性だけではない。「見た目は派手なのにしっかりしている人」や「バリバリ仕事をこなす一方で、家では甘え上手な人」などと同様に、見た目と中…

増山 直樹

定番×ハイスペック。全方位隙なしの最強ワラビーで梅雨を乗り切る

定番×ハイスペック。全方位隙なしの最強ワラビーで梅雨を乗り切る

まるでワラビーが子供をお腹の袋に入れて大事に育てるかのごとく、足をやさしく包み込む極上のフィット感。その心地良い履き心地とタイムレスなデザインで今日まで愛され…

山崎 サトシ

大人たちが喝采。ミドーの最上位ダイバーズ、いよいよ登場

大人たちが喝采。ミドーの最上位ダイバーズ、いよいよ登場

平成に終わりを告げ、“令和元年”がスタートした。そして、2018年に設立100周年を迎えた『ミドー』もまた今年、次なる100年に向けた新たな一歩を刻む。「オーシャンスター…

菊地 亮

優雅なシャンパンゴールドを纏う、ビクトリノックスの新コレクション

優雅なシャンパンゴールドを纏う、ビクトリノックスの新コレクション

前代未聞の10連休。長かったゴールデンウィークももう、過ぎ去ってしまった。目いっぱい遊んだ人も、そうでない人も、以降の仕事にどうもやる気が出ない人も、次はこんな…

増山 直樹

世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

世界が認めるフレンチウォッチで春夏の腕元を飾りたい

軽いアウターですら出番のなくなってくるシーズンには、身軽な装いをアップデートできるセンスの良いアクセサリーが欲しくなる。ブレスレット、ネックレス、リングも大い…

増山 直樹

トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

編集ムタガミ

スポーツとファッションの融合。ビームスのコラボは、やっぱりセンスフル

スポーツとファッションの融合。ビームスのコラボは、やっぱりセンスフル

“コラボ”という響きに敏感な我々。見れば見るほど目が肥えていくにも関わらず、毎度期待を越えてくるショップやブランドには頭が下がる。なかでも『ビームス』のそれは、…

編集フカザワ

3年ぶりのアップデート。NBの990v5は、ここが変わった

3年ぶりのアップデート。NBの990v5は、ここが変わった

『ニューバランス』のフラッグシップモデルとして長く愛される990シリーズの最新作「990v5」が、4月27日(土)より発売される。2016年に誕生した「990v4」から3年が経過…

編集フカザワ

アウトドアとインテリアの融合。グラミチとJSFによる新感覚のアイテムたち

アウトドアとインテリアの融合。グラミチとJSFによる新感覚のアイテムたち

アウトドアウェアを街着として取り入れるのが昨今のトレンド。実は屋内と屋外、インテリアとアウトドアもまた同様にボーダーレス化が進んでいる。その象徴ともいえるアイ…

TASCLAP編集部

3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

腕時計の世界は奥が深い。計器としての信頼性やモノとしての価値を大切にしながら、ブランドの歴史と背景が複雑に絡み合って1本の時計として表現される。特にクラシカル…

増山 直樹

もっと自分らしく。ジースターロゥが提案する、デニムの新たな可能性

もっと自分らしく。ジースターロゥが提案する、デニムの新たな可能性

カジュアルファッションの代名詞ともいえるデニムウェアやジーンズ。だからといって着るシーンやスタイルを制限してしまっては、つまらないしもったいない。もっと自由に…

TASCLAP編集部

うれしい矛盾。無難になりがちだけど“無難じゃない”モノトーン

うれしい矛盾。無難になりがちだけど“無難じゃない”モノトーン

モノトーンの活用は、ファッションにおける常套手段だ。色を合わせるだけでなんとなくしゃれて見えるし、コーディネートは比較的簡単。一度覚えてしまうと、つい頼りたく…

増山 直樹

意外な類似点を持つ2ブランドが、”らしい”コラボをリリース

意外な類似点を持つ2ブランドが、”らしい”コラボをリリース

『ファイヤーキング』と『ブリーフィング』。いきなりだが、今回紹介するアイテムを作り上げた両者には共通点がある。ジャンルは違えど、どちらも質実剛健な作りが売りの…

増山 直樹

2019年は過去最大規模。ヨウジヤマモトによる限定コラボを見逃すな

2019年は過去最大規模。ヨウジヤマモトによる限定コラボを見逃すな

数多あるコラボレーションの中でも、日本国内はもとより海外でも高い人気を誇るのが『ヨウジヤマモト』と『ニューエラ』のタッグだ。過去最大のバリエーションを誇る全14…

TASCLAP編集部

ますます飛翔する“ジャンプマン”。サマープレビュー全9型をチェック

ますます飛翔する“ジャンプマン”。サマープレビュー全9型をチェック

今年2月に「NBA オールスター コレクション」をリリース。以降もスケートボードライン「ナイキ SB」との新作を発表するなどますます元気な『ナイキ』のジョーダン ブラン…

増山 直樹

モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』のスポー…

TASCLAP編集部

夏を先取り。“ストリート映え”するサーフブランドがお披露目

夏を先取り。“ストリート映え”するサーフブランドがお披露目

時期尚早かもしれないが、夏になると無性に気になるのが“サーフ”な服だ。実際に波乗りをする人はもちろん、たとえカナヅチであっても心惹かれてしまうはず。なぜなら海を…

増山 直樹

安定感だけじゃ物足りない。今季は“無地じゃない”が気分

安定感だけじゃ物足りない。今季は“無地じゃない”が気分

暖かな時期の主役着として、汎用性が高く安定感のある無地Tシャツやプレーンなシャツを選びがちな我々だが、「今年はプリントモノや柄モノが着たい」という方も少なくな…

編集フカザワ

必見。名作シューズを人気セレクトショップ3社が再解釈

必見。名作シューズを人気セレクトショップ3社が再解釈

街着としてのアウトドアブームだとか、春夏のシーズン的な話だとか、このアイテムを語るうえでの“フック”はいくらでもあるだろう。ただ、どうもしっくりこない。「回りく…

増山 直樹

ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

そろそろポロシャツが気になるシーズン。老舗の定番ブランドに頼るのがセオリーではあるが、今シーズンはそんななかでも、ありそうでなかったコラボレーションアイテムに…

編集フカザワ

BACK