ニュース・トピックス 3ページ目

アウトドアとインテリアの融合。グラミチとJSFによる新感覚のアイテムたち

アウトドアとインテリアの融合。グラミチとJSFによる新感覚のアイテムたち

アウトドアウェアを街着として取り入れるのが昨今のトレンド。実は屋内と屋外、インテリアとアウトドアもまた同様にボーダーレス化が進んでいる。その象徴ともいえるアイ…

TASCLAP編集部

3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

3万円台のクラブ・ラ・メールで知る、深くて広い時計“海”

腕時計の世界は奥が深い。計器としての信頼性やモノとしての価値を大切にしながら、ブランドの歴史と背景が複雑に絡み合って1本の時計として表現される。特にクラシカル…

増山 直樹

もっと自分らしく。ジースターロゥが提案する、デニムの新たな可能性

もっと自分らしく。ジースターロゥが提案する、デニムの新たな可能性

カジュアルファッションの代名詞ともいえるデニムウェアやジーンズ。だからといって着るシーンやスタイルを制限してしまっては、つまらないしもったいない。もっと自由に…

TASCLAP編集部

うれしい矛盾。無難になりがちだけど“無難じゃない”モノトーン

うれしい矛盾。無難になりがちだけど“無難じゃない”モノトーン

モノトーンの活用は、ファッションにおける常套手段だ。色を合わせるだけでなんとなくしゃれて見えるし、コーディネートは比較的簡単。一度覚えてしまうと、つい頼りたく…

増山 直樹

意外な類似点を持つ2ブランドが、”らしい”コラボをリリース

意外な類似点を持つ2ブランドが、”らしい”コラボをリリース

『ファイヤーキング』と『ブリーフィング』。いきなりだが、今回紹介するアイテムを作り上げた両者には共通点がある。ジャンルは違えど、どちらも質実剛健な作りが売りの…

増山 直樹

2019年は過去最大規模。ヨウジヤマモトによる限定コラボを見逃すな

2019年は過去最大規模。ヨウジヤマモトによる限定コラボを見逃すな

数多あるコラボレーションの中でも、日本国内はもとより海外でも高い人気を誇るのが『ヨウジヤマモト』と『ニューエラ』のタッグだ。過去最大のバリエーションを誇る全14…

TASCLAP編集部

ますます飛翔する“ジャンプマン”。サマープレビュー全9型をチェック

ますます飛翔する“ジャンプマン”。サマープレビュー全9型をチェック

今年2月に「NBA オールスター コレクション」をリリース。以降もスケートボードライン「ナイキ SB」との新作を発表するなどますます元気な『ナイキ』のジョーダン ブラン…

増山 直樹

モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』のスポー…

TASCLAP編集部

夏を先取り。“ストリート映え”するサーフブランドがお披露目

夏を先取り。“ストリート映え”するサーフブランドがお披露目

時期尚早かもしれないが、夏になると無性に気になるのが“サーフ”な服だ。実際に波乗りをする人はもちろん、たとえカナヅチであっても心惹かれてしまうはず。なぜなら海を…

増山 直樹

安定感だけじゃ物足りない。今季は“無地じゃない”が気分

安定感だけじゃ物足りない。今季は“無地じゃない”が気分

暖かな時期の主役着として、汎用性が高く安定感のある無地Tシャツやプレーンなシャツを選びがちな我々だが、「今年はプリントモノや柄モノが着たい」という方も少なくな…

編集フカザワ

必見。名作シューズを人気セレクトショップ3社が再解釈

必見。名作シューズを人気セレクトショップ3社が再解釈

街着としてのアウトドアブームだとか、春夏のシーズン的な話だとか、このアイテムを語るうえでの“フック”はいくらでもあるだろう。ただ、どうもしっくりこない。「回りく…

増山 直樹

ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

ポロシャツの元祖×ストリートアートの天才。2大巨頭のコラボをご存じ?

そろそろポロシャツが気になるシーズン。老舗の定番ブランドに頼るのがセオリーではあるが、今シーズンはそんななかでも、ありそうでなかったコラボレーションアイテムに…

編集フカザワ

ポロシャツとキャップ。サイベーシックスのカスタムオーダーは、やっぱりセンスがいい

ポロシャツとキャップ。サイベーシックスのカスタムオーダーは、やっぱりセンスがいい

スニーカーやバッグなど、既存アイテムの色柄を自分好みにデザインできるのがカスタムオーダーの魅力。とはいえ、オーダー初心者にとってはカスタマイズというのはハード…

編集フカザワ

揺るぎないアイコンに新作が到着。楽しみ方はそれぞれのスタイルで

揺るぎないアイコンに新作が到着。楽しみ方はそれぞれのスタイルで

時代や流行を超え、タイムレスに愛されるモノを人は“定番”と呼ぶ。ファッショントレンドの激しい移り変わりを体感してきたTASCLAP世代にとって、抜群の安定感を誇る定番…

山崎 サトシ

激レアなレインボーロゴが復刻。90年代ド真ん中なプロダクツを体感せよ

激レアなレインボーロゴが復刻。90年代ド真ん中なプロダクツを体感せよ

未だシーンで冷めやらぬ90年代熱。すでに数年にわたって続く長期トレンドとなっているが、勢いは今年に入っても収束する気配は見えない。それどころか今春夏は多くの大物…

山崎 サトシ

大人っぽい柄モノってこんなモノ。名作パックがシックにリファイン

大人っぽい柄モノってこんなモノ。名作パックがシックにリファイン

柄モノは好きだけど、普段の装いが無地ベースなので、それだけが浮いてしまう気がしてちょっと難易度が高い……。そんな理由から、TASCLAP読者諸兄のなかには柄モノを避け…

TASCLAP編集部

中身も外見も文句なし。そんな夢物語でも、スニーカーならば信じられる

中身も外見も文句なし。そんな夢物語でも、スニーカーならば信じられる

歴史ある名家で育ちながら、自らの価値を裏付けるバックボーンがあり、多くの人に好かれるであろう今っぽい顔立ちをしている。生まれながらにすべてを備えた、まさに選ば…

増山 直樹

ありそうでなかった。新発想のアウトドアウェアで、いざ野遊びへ

ありそうでなかった。新発想のアウトドアウェアで、いざ野遊びへ

いよいよ本格的な春がやってきた。冬には寒くて家に引きこもっていた人も、そろそろ外で遊びたくなってくるはず。ただし、陽気につられて活動的になるのは人間だけではな…

増山 直樹

M1500の限定モデルが3ヵ月連続でリリース。第1弾は、これ

M1500の限定モデルが3ヵ月連続でリリース。第1弾は、これ

ついに新たな元号がお披露目された。“令和”というネーミングに何を思うかはさておき、このタイミングで現元号である平成と同じ30年という節目を迎えるアイテムを紹介しよ…

編集フカザワ

ブランド史上初のクロックコレクションが、あなたの日常をミニマルに彩る

ブランド史上初のクロックコレクションが、あなたの日常をミニマルに彩る

流行モノもいい。だけど、大人になるにつれてとくにありがたみが増すのは、飽きがこないモノ。時が経っても変わらず寄り添ってくれる存在に、大きな興味を抱く読者は多い…

増山 直樹

新シーズン向けのアイウェア。ジンズ スイッチが、目から離せない!?

新シーズン向けのアイウェア。ジンズ スイッチが、目から離せない!?

『ジンズ』は、おしゃれで機能的、かつコスパに優れたオリジナルのメガネ&サングラスを常時3000種類以上揃え、“メガネ業界のユニクロ”とも称されるアイウェアブランド。…

TASCLAP編集部

日比谷発“大人の遊び場”。1周年記念で限定アウトドアウェアを発売!

日比谷発“大人の遊び場”。1周年記念で限定アウトドアウェアを発売!

今からちょうど1年前にオープンし、東京・日比谷の新たなランドマークとして話題をさらった「東京ミッドタウン日比谷」。ビジネス街の大手町や丸の内、さらには銀座にも…

TASCLAP編集部

スニーカー好きの“お祭り”。神輿として担がれるのは、歓喜のコラボ

スニーカー好きの“お祭り”。神輿として担がれるのは、歓喜のコラボ

3月26日はスニーカー界の大御所が生まれた記念すべき日である。ただし、人ではなくモノの誕生日。今から32年前、1987年のその日に生を受けたのは、ソール内部の”エアポケ…

増山 直樹

見た目と機能の両立ってこういうこと。春コートを新調するなら、これで

見た目と機能の両立ってこういうこと。春コートを新調するなら、これで

その優れた機能性から、アウトドアウェアを街着や仕事着として取り入れることが定番化しつつある。しかし、いかにもアウトドア然とした見た目では、ビジネスのドレスコー…

TASCLAP編集部

いい腕時計はお早めに。セイコーの名作がナノ・ユニバース監修で復活

いい腕時計はお早めに。セイコーの名作がナノ・ユニバース監修で復活

時を経ても価値がある、と言うよりかえって価値が上がっていく――。いい腕時計はそうした側面を持ち合わせている。日本が誇るウォッチメーカー『セイコー』の「サス」も、…

増山 直樹

勝負服と勝負靴。一度に手に入れるなら、ここで

勝負服と勝負靴。一度に手に入れるなら、ここで

いいスーツは、ワードローブに揃えておきたい男の勝負服。普段カジュアルスタイルで仕事をこなす大人も、まだビジネスシーンに足を踏み入れていない学生諸君も、一生“オ…

増山 直樹

知っているようで知らない、スコットランドを改めて

知っているようで知らない、スコットランドを改めて

タータンチェックやゴルフ発祥の地、中村俊輔氏が所属していたサッカークラブ「セルティック」、そしてスコッチウイスキー。突然だが、これらに共通するワードは「スコッ…

増山 直樹

春の新たな相棒候補に。“コラボ”で“周年”なスペシャルバッグ

春の新たな相棒候補に。“コラボ”で“周年”なスペシャルバッグ

いよいよ春めいてきた。東京の桜も3月末には満開を迎えるらしい。4月に入れば新学期&新生活が始まる。どこか心躍るこの時期につい手が伸びるアイテム、それがバッグでは…

増山 直樹

即戦力の1足。人気ブランド×人気ショップの別注スニーカー

即戦力の1足。人気ブランド×人気ショップの別注スニーカー

『ニューバランス』の新作として注目されている「CM997H」。これは、同ブランドが2019年のコンセプトとして掲げている“Years of 9's”の初陣として発売されたモデルだ。同…

編集フカザワ

キラーワード全部盛り。名作の初回生産版が数量限定で復刻

キラーワード全部盛り。名作の初回生産版が数量限定で復刻

「インスタポンプフューリー」が誕生したのは、1994年のこと。今年で25周年を迎えるというタイミングで『リーボック』から朗報が届いた。それは、同モデルの初回生産版で…

編集フカザワ

BACK