服好き編集部員のこれいいね!春に着たい注目アイテム

洋服好きばかりが集う+CLAP Men編集部。そんな部員たちがこの春注目するアイテムとは? ワードローブに取り入れたい春気分上がる1着をレコメンド!

服好き編集部員のこれいいね!春に着たい注目アイテム

編集部員にリサーチ! この春気になるファッションとは

編集部員にリサーチ! この春気になるファッションとは

+CLAP Men編集部のアラサー男子3人は、根っからの洋服好き。シーズンの始まりはいつも、ブランドの新作や狙っているアイテムの話題で持ちきりです。

この春は、ヴィンテージっぽいディテールや、リラックスムード高めなアイテムが気になるもよう。そんな気分にぴったりなアイテムが揃う『デニム&サプライ』で、春に着たいアイテムをピックアップ!

春のワードローブに取り入れたい。編集部員のこれいいね!

ダメージを施したラギットなデニムアイテムや、ヴィンテージライクな味のあるジャケット、リラックスムード高めのカーディガンなど、まさに今の時代にフィットするアイテムを多数展開する『デニム&サプライ』。+CLAP Men世代からも人気の高いブランドです。

今回は『デニム&サプライ』の春の新作群から、編集部員たちが取り入れたいアイテムをチョイス! カジュアル、きれいめ、リラックスと、ファッションの好みが異なる3人がどんなアイテムを選ぶのか。そして選んだアイテムを主役に、オン・オフ別に自身のワードローブとMIXした着こなしも合わせてお届けします!

▼カジュアルが基本の編集イトウ

白Tシャツ×ジーンズのコンビが鉄板の編集イトウ。「この春もやっぱりこの組み合わせが基本。これをベースに、ミリタリージャケットやデニムジャケットといったカジュアルウェアをラフに羽織るのが気分です」

▼カジュアルが基本の編集イトウ

編集イトウのこれいいね!

ミリタリージャケット

編集イトウが選んだのは、ヴィンテージ調で雰囲気のあるコットンヘリンボーンを使用したこちらのジャケット。両腕に配されたミリタリーワッペンがタフで男らしい印象です。
「リアルなヴィンテージ感はもちろんですが、襟裏にフードが収納されていたり、ワッペンが両袖に絶妙なバランス感で配置されていたりするのが◎。M-65に敬意を払い、各部の意匠をくみ取りつつも、今の時代にマッチするシルエットに昇華されていますね。このバランス感は『デニム&サプライ』ならではではないでしょうか」

クールで男前なミリタリージャケットをチェック

オンコーデ

展示会コーデは、白アイテムでクリーンさを意識!

展示会のときはいつもよりきれいめを意識。カジュアルなアイテムをベースにしつつも、クリーンな白アイテムで清潔感のある着こなしに仕上げています。「ミリタリージャケットの味わいある雰囲気を生かしつつも、大人の着こなしに欠かせない“清潔感”を意識して白アイテムを縦のラインに配置。無地だけになるとつまらないので、バスクシャツのボーダー柄でクリーンさをキープしながらアクセントを追加しました」

オフコーデ

休日は観葉植物のショップ巡り。白Tとジーンズがベースの王道コーデ

こちらは、定番の白T&ジーンズにさらっとミリタリージャケットをなじませた、編集イトウらしい着こなし。「デニム・オン・デニムにスニーカーだとラフになりすぎるので、スエードのモカシンシューズでアメカジ感をキープしながらも大人の着こなしを意識しました。首元には色の切り替えがユニークなバンダナでアクセントを追加」

▼きれいめコーデが得意な編集コヤマ

ベーシックなアイテムを軸に、大人びたきれいめスタイルが編集コヤマ流。「この春は久しぶりにダメージデニムが気になっていますね。ダメージ加工とか生地や色みの風合いとか、どこかヴィンテージっぽいディテールに魅かれます」

▼きれいめコーデが得意な編集コヤマ

編集コヤマのこれいいね!

星柄ワークシャツ

いつものベーシックなアイテム選びとは異なるセレクトでギャップを見せた編集コヤマ。「ストライプやチェック柄だけでなく、たまには異なる柄を取り入れるのもいいなと思わせてくれる星柄です。着心地、フィット感も◎。今の時期なら、ジャケットなどのインナーに取り入れるとかわいいと思います。ポップな星柄シャツですが、ヴィンテージライクな風合いで大人顔に着られる1枚ですよ」

男心をくすぐる、星柄シャツの魅力をもっと見る

オンコーデ

通勤スタイルは、かっちり感と抜け感のさじ加減がポイント

営業との同行など外回りが多い編集コヤマは、きれいめを意識したオンスタイルが基本。ステンカラーコートを主役にネイビートーンで品良くまとめつつ、星柄のシャツで遊び心も忘れていません。「ポップな柄シャツでも、インして着るとかっちり感が出てくるもの。素材感が程よく抜け感をもたらしてくれます。味のあるアイテムなので、初対面でも好印象を作りやすいはず」

オフコーデ

休日の家族とのおでかけには、動きやすさとおしゃれ感のいいとこ取りコーデ!

編集コヤマの休日コーデは、動きやすさとおしゃれを兼ね備えたパパスタイル。ガシガシ着られるスイングトップ×ジーンズの組み合わせは理にかなっています。ちらりとのぞく星柄に子供も喜ぶハズ。「アメトラを意識したコーデの中で、シャツが程よく個性を主張してくれました。着回ししやすいかがアイテムの選定基準なのですが、今回無地のオックスフォードシャツをインナーに合わせるよりも、このシャツの方がフィットしている感があります」

▼リラックス感のある着こなしを好む編集フカザワ

オーバーサイズやルーズなシルエットを好み、ゆるっとラフに着こなすのが編集フカザワの定番。「春も軸はあまりブラさず、リラックス感のあるラフな着こなしがしたいですね。ただし、上質な素材感でいつもとちょっと差をつけたいです」

▼リラックス感のある着こなしを好む編集フカザワ

編集フカザワのこれいいね!

ショールカラーカーディガン

編集フカザワはリラックスムードの高めのショールカラーカーディガンをセレクト。ネイティブ柄が放つアメカジテイストとショールカラーの上品なリラックス感は、人気の西海岸スタイルにもぴったりなアイテムです。「なんといっても袖を通したときの肌触りの良さが魅力ですね。”何も着ていない”というよりも、”ずっと身につけていたい”という素材感でした。これはぜひ試着していただきたい」

リッチなリラックス感を味わえる上質素材をチェック!

オンコーデ

自転車で取材へ。楽ちんだけどきちんと見えるバランスがキモ!

普段プルオーバータイプのトップスを好む編集フカザワなので、ショールカラーカーディガンの着こなしはとても新鮮。「シルエットはゆったりめにしつつ、小物で“きちんと感”をフォロー。トップスはLサイズ、ボトムスは自身のサイズ+2で選ぶのがマイルールですが、カーディガンはSサイズを着用しています。もともと大きめのつくりだったので、いろいろなサイズを試してしっくりとハマるモノをセレクトしました。またニットタイとカーディガンは素材感をリンクさせることで、着こなしに統一感を出したのもポイントです」

オフコーデ

休日はリラックスムード高めの着こなしで、カメラを持ってお散歩

オンのかっちりしたコーデとは一変、リラックスムード満点の休日スタイルに。ルーズなシルエットのイージースラックスやニット帽を投入することで、編集フカザワらしいラフな着こなしに仕上げています。「ルーズなシルエットのイージースラックスで大人っぽさを残しつつリラックスムードに。休日は帽子をかぶることが多いのですが、カーディガンの素材に合わせてニット帽をセレクトしました」

いつものワードローブに"気分が上がる1着"を投入して、春の装いをアップデート

手持ちのワードローブに今季の主役級アイテムを1点取り入れるだけで、コーデも気分もフレッシュに。今季の『デニム&サプライ』は、ヴィンテージの風合いやリラックス感漂いながらも普段着になじむアイテムが多く、まさに+CLAP Men読者にぴったりなモノばかりです! みなさんもワードローブに1点取り入れて、春のおしゃれを楽しんでみませんか?

今の気分にハマる『デニム&サプライ』をチェック

Photo_Kazuo Yoshioka[BURONICA]

ページトップへ戻る